2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.27 (Thu)

オトの成長と親が出来る手助け

オトはこの3ヶ月でかなりの成長をしたと思います。


私はオトの成長を手助けする立場なのですが、オトのこの3ヶ月の成長の伸びを実感した事もあって、少しだけ自分のやり方に自信が持てるようになってきました。



オトが2歳4ヶ月~2歳8ヶ月にかけて、とにかくオトの発達に「良い」と書いてあったり、見かけたりした事は出来る限り取り入れてきたつもりです。



その内容を忘れないうちに記載しておきます。

【More・・・】

【言葉について】

・オトが機嫌のいい時を見て(←ここは大事です)、ゆっくり物の名前を復唱して聞かせた。


・子供の興味のある物を見つけて、(オトの場合は動物と食べ物)100円ショップで動物フィギアやおままごとセット(食べ物のフィギアがついている)を購入して、遊びながら名詞を覚えるようにした。


・オトが興味のないものについては、一切ノータッチ。教えない。


・「これなあに??」と聞かれたら、なにを差し置いても近くにいって名前を教えた。



・二文語を使用したら必ずその通りに実行した。(電気消して・牛乳ちょうだい、などの要求にはどんな事があってもすぐに行動でこたえてあげた)




【情緒について】

・休みの日は、土日のどちらかの日に、色々なところに遊びに出かけた。動物園・植物園・水族館・水遊び場・牧場など、生き物とか自然と触れ合える所に連れて行った。


・テレビを必要最低限にした。実は…これは懺悔ですが、2歳までオトにはかなりテレビを見せていた経緯があった。。(はっきりいって一日中つけっぱなしの時もあった…)

 診断を受けてからは、テレビを一日長くて2時間までにした。(今では一日40分くらいしか見せていないです。)そして出来るだけ一緒に見るようにした。CDもかけっぱなしは一切やめた。童謡などを3・4曲とか決めて聞かせるようになった。


・療育教室に週2回通っている。いろいろな子供と知り合えるような場所にも出来るだけ参加した。



【知育について】
・目からウロコの教育方法が記事になっている ADD?先生の発達障害児 教育応援サイト虹色教室通信 のサイトから、自分で出来そうなものを遊びながらオトと一緒にやってみた。(100円ショップシリーズ・簡単な工作などなど)

こちらのサイトで以前に紹介されていた、フラッシュカードも取り入れてやってみた。(カードだとバラバラになるので、DVDにまとめたものを購入してみた。)これが、結構食いつきがよかった。ひらがなや数字に興味を持つようになった。



・記憶をたよりに、発達検査でやったようなパズルなどを私が厚紙を買ってきて作成して、一緒にやってみたりした。



・本の読み聞かせを出来るだけしている。(実際に、本に興味を持つようになり、10分くらいなら絵を追っているだけとは思うが静かに本を読むようになった。)




【その他】
・脳の発達に良いといわれている「レシチン」を毎日摂取している。


・ビタミンの摂取の為に、オレンジジュースか野菜ジュースを一日1杯飲ませている。


・「ちょっとだけお手伝い」をしてあげる。靴の着脱や衣類の着脱などをほんの少しだけ(例えば、シャツの袖だけひっぱってあげるなど)手伝う事で、後は全部自分でやらせて、「自分で出来た!」と自信をつけさせる。最初から全部自分でやらせるのは難しそうなものは、様子を見て少しだけ手伝ってあげて、出来るところは自分でやらせるようにする。




思いつくものを順番に書いてみましたが…。




一番オトの成長を大きく左右した事。それは「家族が子供の発達障害を納得して受け入れた事」だと思っています。



あのまま私達夫婦が「オトはちょっと成長が遅いだけ!!」と周りの人に反発してオトの発達障害について受け入れることをしなかったら、きっと今のような成長はなかったのではないかな、と思っています。まさか自分の子供が…と辛い事でもありますが、家族でその事実から逃げなかった事が今に繋がっているのではないかな、と感じています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←いつも励みにしております。応援していただけたら…めっちゃ嬉しいです(*゚∀゚*)



EDIT  |  08:06  |  療育  |  TB(0)  |  CM(9)  |  Top↑

*Comment

♪す・・・すごい・・・

ニコさん、すごいね。
ホントにオトくんのためにいろんなことをしてきたんだね。
頭が下がります。
それに比べると、私なんてなあ~んにもしてなかったよ~
3歳前なんて、のび太パニック→私も一緒にパニック→二人で号泣、
を繰り返してるだけだったな・・・。
でも、どんな療育よりやっぱり家族や周りがその子を受け入れて、認めてあげることが、成長につながるよね。
ニコさん、偉いです。
まっぷー |  2007.09.27(木) 10:41 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさん>こんにちは^^いえ、ブログに書いてある事みるとめっちゃいい母親に見えるかもしれませんが、実際はそんな事なかったりします つД`)元々がずぼらな私なので、繊細にいろいろと見てあげられないところもあるのですが、とにかくオトが幼稚園に入るまで出来るところまでやってみよう、という目標でやっています。(っていって、幼稚園に入ったら幼稚園に教育を丸投げっていうのは最悪なので、そういう意味ではないですが。)
実は、最初にオトの発達障害について冷静に受け止めたのは旦那の方でした。で、「すごく大変だろうけど、家事なんてかなり手抜いてもいいからオトの事をたのむ!」って言われて、私も頑張れたみたいなところもあります。。それまでは、私は「オトは大丈夫だもん!!」って反発していたのですが…今では旦那の冷静さがありがたく感じます。なによりも家族の理解が大切だな、と現在つくづく思います…。。
ニコ |  2007.09.27(木) 14:45 |  URL |  【コメント編集】

ほんとすごいですね。わたしも頑張らねば。
テレビは私も一日中つけっぱなしの時があって・・反省中です。
急に減らすのは難しいので少しずつ減らそうと思います。
しー |  2007.09.27(木) 21:19 |  URL |  【コメント編集】

しーさん>こんばんは^^うちもテレビを少なくしていくのはやっぱり大変でした。。二人ともテレビ大好きっ子だったので><でも、賛否両論ある中で、やっぱり良くないっていう意見が多かったので、テレビを徐々につけるのを少なくしていきました。子供たちもテレビをつけなくなった事で、他の事に興味が向けられたりしたことは事実です。本だったり、レゴブロックだったり、私もお外に連れて行く時間がいやおうなしに増えたりしたので、そういった意味でも良かったかな~と思っています。テレビの事は、今よりも少しでも減らす、くらいの考えで最初は取り組むといいかな~って思います^^
ニコ |  2007.09.27(木) 23:58 |  URL |  【コメント編集】

すごい!^^
やはり、早期発見、早期療育ですよね~。
そして親の理解。
理解すれば対処方法を考えられるし、知識も得られる=子どもが伸びる。
これはすごい差が出てしまいます。
アニくんもオトくんもとてもいい環境で育ってらっしゃると思います。

「レシチン」いいんですよね~。
粉タイプでないものを探しているんですがない。。。
KOMA |  2007.09.28(金) 06:07 |  URL |  【コメント編集】

KOMAさん>おはようございます^^うちはレシチン顆粒のタイプを探していま愛飲しています。まだ錠剤だと子供が飲めないので顆粒にしています。始めて飲む時に牛乳に入れてみたら吐かれてしまったので∑( ̄□ ̄;)、それからは、スープに混ぜ込んだり、おかずに振りかけてみたりして食べています。(何も気がつかずに食べてくれているので助かっています^^;)KOMAさんは錠剤を探して見えるんですよね?それだったらDHCで30日分300円代で見かけたことがありますよ~^^400円代だったかな?!ちょっとお試しするにはお手ごろな値段だな~って思って見たことあります。
ニコ |  2007.09.28(金) 08:35 |  URL |  【コメント編集】

♪ありがとうございます!

大ちゃん、お薬大好きで^^;
錠剤も大丈夫なんです^^;
おや~!DHC?!
見てみます、ありがとうございます。
KOMA |  2007.09.28(金) 12:13 |  URL |  【コメント編集】

ニコさん すごいな~!

うちの息子は もう はっきりと発達の遅れが顕著でしたので 家族もこりゃ~いかんいかん という感じでしたが、それでも外野(私たち夫婦以外)は 「発達障害」・・・ 何をぬかしてやがるんか~ とすごい攻撃がありました。

この発達障害の早期療育を妨げるもの に 「家族以外の無理解」のウエイトはとても大きいと思います。

そういうなかで、ニコさん夫婦の子供への取組みは、その大変さがすごく分かる親として すごく感心させられました!


Gou父 |  2007.09.28(金) 13:07 |  URL |  【コメント編集】

GOU父さん>こんにちは^^そうですね~、家は旦那が私と性格がタイプ違いで助かりました。私は結構すぐに落ち込んで、現実を受け入れられない性格だったのですが、旦那は切り替えが早かった。。wさあ、今からやれることをみんなでやろうぜ!!みたいな感じでした。旦那の理解がなかったら、発進が間違いなく1・2ヶ月は遅かったかもしれません。。
あ~~、外野の理解かああ;;難しい問題ですよね。説明も難しくって簡単にしか話していません。でも「うそ~、全然そんな風に見えないし、違うと思うよ~」みたいな感じでしたね。。でも、療育に通っている事などは知っていて、「オトくんがそう(発達障害)だったら、周りにそんな子いっぱいいるよ~」みたいな事も言われます。どちらかというと励ましてくれているので、ありがたく思っています。GOU父さんの外部の方は攻撃してきたという事ですが、それはとても辛いですよね。。周りの方も心配だったり認めたくない、という気持ちで強い口調になっちゃうのかもですが…理解してくれとはいわないけど、責めるのはやめてください、静かに見守っててください。。って思います…。本当に家族や親戚の理解というのは大事な事だな、と思います。
ニコ |  2007.09.28(金) 14:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。