2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.24 (Mon)

発覚!!兄弟で自閉傾向

アニも自閉傾向があるような気がする…というのは以前にも1度だけ記事にしたことがあります。(詳しくはこちら

【More・・・】

過去記事にも書きましたが、もう一度書くと小さい頃のアニは…



①感覚が異常に敏感




②多動




③物を並べる(場所などのこだわりを含む)




④オウム返し




⑤他人との距離を保てない




子供でした。





とにかく…









めちゃくちゃ育てにくかったです(´-ω-`)





でも、初めての子供だったこともあり、皆こんな風に大変なのだろうな~と自分を励ましつつ何とかアニを育てておりました。。




アニの小さい頃を思い出すと、良い意味でのオトとの違いは


・指差しがしっかりあった

・呼びかけに敏感に反応した

・割と器用で、1歳後半にはフォークとスプーンでご飯を食べていた

・早くから、2文語・3文語が出ていた。


特に言葉はキチンと出ていたので、アニについてはそんなに心配はしていなかったのです…





でもでも……






幼稚園に入る前。丁度3歳になったばかりのアニにも気になる場面がいくつかありました。




3歳検診で、時間待ちの時に保育士さんが「みんなで手遊びをやりましょ~♪」って楽しくみんなで手遊びや歌で楽しんでいる場面。




アニは保育士の先生と、楽しそうに手遊びをやっているみんなをニラミつけるような形相で、私の背中にしがみつき、絶対に一緒にやろうとはしませんでした。何度促しても、すごい形相で皆を見て、頑としてやろうとはしませんでした。。「なんでこんなに協調性がないの…;;」と落ち込みました。その場所で、そんな子はうちのアニだけで、かなり心配になりました。。。






それから、これもアニが3歳0ヶ月の頃。ある私立幼稚園の説明会に出向いた時の事。階段を上って2階が説明会場だったので、そこにアニを連れて階段を上っていこうとしたのですが、






アニ「こわい~~~~~いやだぁぁぁぁぁ~~~~~~!!!!」






と、建物全体に響き渡らんばかりの大声で泣き叫び、パニックを起こしていました。まさにパニックでした。。何が怖いのか周りを見渡しましたが、ステンドグラスの大きな窓が中2階についていること以外は変わった様子はないし…(いま思うと、ステンドグラスが怖かったのかもしれませんが…)

とにかく、そこにいる人みんながアニに注目していました。。床にひっくりかえり、「こわいこわい~~~絶対いやだぁぁぁぁ!!!」と泣き叫んでいるアニを見て、幼稚園に本当に行けるのかすごく心配になったことを覚えています…。










3歳になっても、そんな風なアニでしたので心配でしたが、3歳4・5ヶ月くらいから、徐々にそういった傾向はなくなってきたように思います。








そんな自閉的な傾向が徐々に薄れてきて、幼稚園に入園してからのアニ。何回か友達とどんな風に関わっているのかを見る機会があったのですが、驚いた事に沢山の友達がいました。


その時のアニと友達との会話





Aくん「アニくん~一緒にあそぼ~」


アニ「いいよ~一緒にあそぼ~^^」


Aくん「これかして~」


アニ「いいよ、かしてあげる~。順番にやろ~^^」



そこへ、2・3人の友達が走ってやってきて



数人のお友達 「あそぼおおお~~~」



アニ「うん、遊ぼ~~~~^^」(といって、アニが友達と手をつなぐ。それにつられて、みんなが手をつなぎ始める。そして、皆で仲良く階段の上の滑り台へ走っていく)







むむむむ、とっても上手に友達とコニュニケーションをとっているじゃない!(と結構驚いた私…)




幼稚園に入ってからのアニは、私と一緒にいる時とは違い、場の雰囲気をよめるようになったらしく、友達と遊ぶ時も自我を抑えるところはおさえ、上手にやっていけているようです。幼稚園の先生からはよく



「アニくんは、とっても面白いですよ~。よく友達とふざけてみんなを笑わせてくれます。場が和みますよ~」



ともいわれます。まあ、お調子者はそうなんです。家でもよくふざけて変な顔をしたり、変な踊りを披露してくれたりしますw










ただ…、アニは今だに「こだわり」が強いところが抜けません。おもちゃも自分の納得いくディスプレイに並べて、少しでも触るとパニックを起こします。









それから、児童心理師の先生がみたアニの気になる行動ですが…




これについては、私もちょっと気になってはいます。とにかくアニは「人を見て、自分の行動を決める」クセがあるのです。優しい人が沢山いる場合は、ものすごくワガママな聞き分けのない子になり、対等な立場(同世代のお友達だけだったり、初対面の大人が多い時)は、聞き分けのいい、気配り上手な子供に自分を切り替えるのです。(ナンテヤツ…)



始めて、オトと一緒に療育教室に行ったときなどは、まさに「気配り上手」な男を演出。みんなにイスを出したり、お片づけは率先して行ったり、もう先生からもべた褒めでした…。




ところがところが……




療育教室の先生がとても優しいこともあり、療育教室を何回か通った最後の方の教室での様子は






療育教室の子供たちの中で一番聞き分けのない子になっていました つД`)マジですよ…





児童心理師の先生が療育教室を訪問したのは、丁度アニが「めちゃくちゃ聞き分けのない悪い子」に変貌していた時だったのです…。



お片づけだよ~~、と言っても、




アニ「いやだぁぁぁぁぁ~~~~~~。おかたづけしないいいい~~~~!!!!」




と言って、朝礼が始まってもギャンギャン泣いているアニ。児童館から教室に皆で帰るときも





アニ「いやだいやだぁぁぁぁぁ~~~、もっともっとあそぶ~~!!!」





と、号泣。。そんなアニのワガママ場面を児童心理師の先生はたまたま全てご覧になっていたのです。






あの様子を見れば、「発達障害の傾向がありますね」と言われる事に納得できますし、実際、私も昔からのアニを思い出すと、そうかもしれないと思うことはありすぎるほどあるので、「そうなのかもな~」と素直に受け止められました。





そして、児童心理師の先生が続けてこう言われました。



先生「オトくんの事にお母さん一生懸命になっているのがすごく伝わってきますが、アニくんの事も心配です。これからはアニくんも気をつけて見てあげてくださいね」






確かに……、オトにかかり過ぎになっている自分がいます。反省です。限りなくグレーゾーンなアニもこれから今まで以上に気を配って育てていかなきゃって思います。





オトとはまた少しタイプ違いのグレーゾーンなアニの事。これからは気になる事があったら記事にしていきたいと思っています。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←いつも励みにしております。応援していただけたら…めっちゃ嬉しいです(*゚∀゚*)
EDIT  |  18:32  |  グレーゾーンなアニの日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

♪こんにちは。

ニコさん 2人の子に特別に気を配らなくてはならないなんて 大変ですね。でも ニコさんなら その子の素質を引き出して 多少のハンディーを持った子も天才気質を持った子に育てて上げられるのではないかと 思います。ニコさんがんばれ~♪ 
なおみ |  2007.09.25(火) 06:28 |  URL |  【コメント編集】

なおみさん>こんにちは!まさかうちの子が二人とも、という気持ちがないと言ったら嘘になりますが、そういった傾向も全部「良い個性」に変化するように出来る限り努力していきたいと思っています。なおみさんの記事もいつも参考にしています。これからもよろしくお願いします!
ニコ |  2007.09.25(火) 08:30 |  URL |  【コメント編集】

♪間違った~

今、参照記事の方にコメントしちゃった~
ごめんなさいね~
アニくん、ちゃんとお友達とコミュニケーション取れてるんだね。
なんか、心配はないような気がするけど・・・。
でも、オトくんとアニくん、一緒にいい方向に成長できるような気がするなあ。
グレーゾーンは確かかも知れないけど、問題は本人が困っているか、周りが困っているか、だもん。
どちらも今は問題ないようだし、ニコさんの愛情でオトくん共々、
成長できると思います。
頑張って。
まっぷー |  2007.09.25(火) 10:47 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさん>こんにちは^^参照記事の方も読んでくださってありがとうございます。でしょでしょ、やっぱりアニもその傾向ありですよね。この記事を書くにあたって色々と思い出すことがあったんですが、とにかくアニの小さい頃は「あ~~大変だったなあ…」という事が多かったです。アニを育てている時は発達障害についての知識がまるでなかったので、そのまま過ごしていましたが、オトの事があってからその知識が深くなればなるにつれて、「アニもそうかもな~~」って思っていたので、先生からの指摘は「おお、するどい。やっぱりわかっちゃったか~」って感じでしたw

その事をきちんと理解した上で、これからアニもオトを上手に育てていけたらいいなあ、と思っています。アニも今は問題ないように見えますが、実は幼稚園ではすごく自分を抑えているのでストレスも溜まっているだろうと思うのです。いつか、それが爆発してしまわないように、アニのメンタルな部分もうまくケアしてあげることができるようにしなければ、と反省させられるきっかけになった先生の言葉でした。
ニコ |  2007.09.25(火) 14:37 |  URL |  【コメント編集】

そうでしたか。。。
でも、さすが、ニコさん、切り替え早っ!^^
オトくんもすごく成長されてるし、アニくんもグレーが、光る個性になりそう!
ニコさんがんばれ~♪
KOMA |  2007.09.25(火) 15:38 |  URL |  【コメント編集】

KOMAさん>そうですね!今回は心構えがあったお陰でとりあえずはそんなに落ち込む事はなかったです^^アニも小さい時の状態が今も続いていたらかなり私も精神的に追い詰められていたと思いますが、だんだんと「個性なのかな」と思えるくらいになってきました。KOMAさんの言われるように「良い個性」に変わっていけるように手助けしていきたいと思います^^ありがとうございます。
ニコ |  2007.09.25(火) 18:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。