2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.21 (Fri)

発達検査を受けてきました

今日オトは、新版K式発達検査を受けてきました。




実は、今日発達検査をしてくれる児童心理師は6月の時に診断をしてくれて、(詳しくはこちら)8月にお会いした時には少しガッカリさせられた(詳しくはこちら)あの先生でした。

【More・・・】

教室に入る前に、先生がオトを出迎えてくれました。私が「コンニチハは?」と促すと、礼をしながら「こんちあ~~」と先生に挨拶。まずは挨拶が出来たのでよかったよかった。



教室に入ると、イスを見つけたオト。テッテッテと駆け足でイスに駆け寄るとチョコンと腰掛けました。そして、テストを受けている40分の間、席を立つことなくしっかりと座っている事ができました。




3ヶ月前にうけた新版K式発達検査の内容よりも、一段と高度になっていて私は驚きました。内容はあまり書くと差し障りがあるので詳しくは書けませんが、やったことのない内容が沢山出てきて、オトは少し面食らった様子でした。私も「あちゃ~~、できないよね~~;;」と焦りを感じながら、検査は終了しました




私「




先生「お母さん、どうしました?」




私「出来てないですよね~;;」





先生「へ??全然落ち込む事ないです。凄く伸びてますよ。」





私「へ???そうなんですか??」




先生は、以前の検査の結果と比べながら、色々と説明をしてくださいました。



結果



言語  2歳5ヶ月時点で1歳0ヶ月レベル→2歳8ヶ月現在で2歳1・2ヶ月レベル



コニュニケーション  2歳5ヶ月時点で1歳前半レベル→2歳8ヶ月現在で2歳前半レベル



認知力   3ヶ月前と変わらず。2歳8ヶ月月齢相当のレベル。



運動能力  3ヶ月前と変わらず。2歳8ヶ月月齢相当のレベル。




との説明を受けました。






……











キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ウレシイ(゚´Д`゚)゚。






オトは、言語とコニュニケーション力が飛躍的に伸びていました。3ヶ月前と比べて、単純計算で1歳も伸びているとの説明でした。





先生「お母さん、気づいていらっしゃらないかもしれませんが、オトくんは私のパットみる視線の先を、オトくん自身もちゃんと見ることができるようになってるんですよ。これは3ヶ月前にもやったのですが、オトくんは全く出来ていなかったんです。今は完全に出来ています。とってもこれは大切なことなんですよ~」





先生の説明では、「人が指を指した先を見る」と言うのも重要ですが、それは「人の視線の先を見る」ということよりも前の段階なのだそうです。「人の視線の先を一緒に見ることが出来る」ようになったのは、コニュニケーション力がしっかりとついてきた証なのだそうです。




先生「オトくんの事で最近、気になっている事とかはありますか?」



私「えっと、まずたまに横目をしていたりする事です。」



先生「ん~、それはその横目をする事に没頭したりしている感じがありますか?時間の空いた時とか、暇な時とかじゃなくて、しょっちゅう…たとえば、ずっと続いている長いまっすぐな線をずっと没頭して横目でみるとかでしょうか?」




私「いえ、暇な時に、ほんの数秒です…」




先生「でしたら、全然気にする事はありませんよ…。他には何かありますか?」





私「え~っと。。やたらに声が大きいように思うのですが…」






先生「オトくんですか??(オトの様子を観察する先生)今のこの声とか??」






私「もうちょっと大きかったりする時もあるんですけど…、普通の子よりも大きいような気がするので……」






先生「(苦笑しながら)3歳に満たないお子さんはみんな声が大きいですよ。ひょっとして発達障害を持っているお子さんは声の調節が出来ないっていうのを意識されてますか?」





私「えっと、ええ、はい。そうです…(まさにその通りです…)」






先生「…お母さん……。発達障害、発達障害って気にしすぎですよ。ちょっとしたことで、あれ、これは発達障害だからなのかな??とか思い込み過ぎです!!」






………てか、「発達障害」って先生が診断したんじゃ……というつっこみはさすがにしませんでしたが(苦笑)気にしすぎな事を指摘されてしまいました。






私「それから…幼稚園に入園してしまうと、今通っている療育教室からは退所しなければいけなくなりますよね?幼稚園に通いながら、新しく療育教室を見つけたいのですが、どこかありますでしょうか?」





先生「…あるにはありますよ…。ん~~、でもお母さん、オトくんにそれが必要だと思いますか?」





私「……え??必要ないですかね????行かなくても大丈夫でしょうか??」





先生「最終的に、お母さんが決める事ですが……、オトくん、この感じだったら必要ないかと思いますよ。またどうしても心配で必要だと思ったらまたその時はご連絡ください。ご紹介します。」





私「…あ、はい。では様子を見てみます。」





先生「幼稚園に入れば、オトくんはとっても伸びると思いますよ。それで問題ないかと思いますけど…」








…3ヶ月前の診断では「オトくんの様子では幼稚園では厳しい。保育園にして加配をつけてもらってください」って断言してた先生だったのに……先生のこの言葉を聞いて、オトの成長をしっかりと実感できた私でした。






先生「ところで……、先日オトくんのお兄ちゃんを療育教室でお見かけしたんですが…」




私「あ、はい。夏休みだったので、一緒に療育教室に来ていたんですよ~」




先生「お兄ちゃん……、ちょっとその感じ(発達障害)が見受けられます。小さい頃はどんな感じでしたか?お兄ちゃんは」






…ん?ん??んんん????





なんでアニの話になる?????





なんか思っても見ない方向に話が展開していくけど……







続きはまた後日……






オト現在2歳8ヶ月です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←いつも励みにしております。応援していただけたら…めっちゃ嬉しいです(*゚∀゚*)
EDIT  |  09:03  |  診断  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

♪え?!

アニくん?ええ~?!
・・・ま、後日の記事を待つわ・・・

オトくん、すごいね~すごい成長だね~
確かに人の見ている視線の方を見る・・・って、
相手の気持ちがわかる、ってことだもんね。
のび太、指差すほうを見るようになったのは4,5歳だったなあ・・・
人の視線の方を・・・ってのは、いまだにできてないし・・・
目配せとか、目で合図とかできないよ。
やっぱり、そういう「言葉」じゃないコミュニケーションって難しいよ。
オト君、この先ももっと成長できるね~
まっぷー |  2007.09.21(金) 13:18 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさん>こんにちは^^実は、3ヶ月前に発達テストを受けた時、そんな「視線」の課題をやっていただなんて、全く知らなかった私です…。ちなみに、家に帰ってからもやってみましたが、私が振り向いた先をオトも見ていたので、「おお~本当だ!」とちょっと感激したりしましたw
親の知らない間に子供って育っているんだな~って改めて思いました。

アニの話は、実は寝耳に水でもなくって……、また後日詳しく記事にしたいと思っています…。
ニコ |  2007.09.21(金) 14:21 |  URL |  【コメント編集】

こまめに 検査していただけるのですね~!
ウチは、1年は間をおいていました~。
予約がいっぱい っていう事情もあるようですが。。。
成長を詳しく診ていただけてよかったですね!
これも、ニコさんの細かい配慮の子育ての賜物ですよぉ~。
すんごい^^

ニコさんのブログは、当初から拝見していたので、アニくんの件も覚えがあります。。。

どういうお話かはわかりませんが・・・少し心配です(ニコさんが。。。もちろん、アニくんもなのですが)
KOMA |  2007.09.21(金) 22:20 |  URL |  【コメント編集】

KOMAさん>そうなんです、以前に一度だけアニの自閉傾向について記事にしたことがあったんですが、覚えてくれていたんですね~!
子供でも、大人でも「自閉的な傾向」は何個かは当てはまるところがあるものですが、アニはちょっと多かったので実はグレーゾーンかな~とは薄々思っていました。なので、心理師の先生から言われた時、「うわ~、やっぱり気づかれたか~」って思いましたよ…。
また、詳しく書こうとは思っていますが、色々思い出しすぎてまとまらない~~(アタフタ)でも、私はそんなには落ち込んでいないので大丈夫です^^ご心配していただき、ありがとうございますヾ(*^。^*)ノ
ニコ |  2007.09.22(土) 09:25 |  URL |  【コメント編集】

オト君が受けた「新版K式発達検査」、うちの息子はどんな検査を受けたのかな~と調べてみると、息子は「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」という検査を受けてました。

どこがどう違うのかな? 全国 統一ではないのですね!

転勤したりして、検査方法が変わると検査結果も変わってきたりしないのかな・・・・

オトくん 3ヶ月ですごい成長ですね!

そう言えば、うちの息子が2歳半くらいの時、発達障害が専門の先生に、2歳から3歳くらいで すごく成長する子がいるから 諦めないでと言われたことを思い出しました。

まだまだ ニコさん夫婦がビックリするくらい成長していく力をオト君は持ってそうですね!
Gou父 |  2007.09.24(月) 00:24 |  URL |  【コメント編集】

Gou父さん>こんにちは^^乳幼児用の発達テストの種類ってすっごく沢山あるみたいですね~。GOUくんの受けた「遠城寺式乳幼児分析的発達検査法」は始めて聞きました…ていうかすごく長い名前ですね~~;;(覚えられない…汗)

以前に、別の児童心理師さんのもとでオトは「田中ビネー式発達検査」というのも受けた事があります。こちらの方は「新版K式~」よりも少し点数が高くでるらしいです。たしかに内容はK式の方がよりハードになっていたように思います。

今後、また発達テストを受ける機会があるかもしれませんが、出来なかった事なんかは子供の発達の目標ができるので結構記憶して帰って、子供にもう一度やらせてみたりしています。(オトにとっては迷惑かもしれないんですけどね…w)
ニコ |  2007.09.24(月) 09:32 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは!
オト君、すごいですね~!
3ヶ月でこんなに伸びるのは、オト君自身のタイミングもあったと思いますが、ニコさんが適切に手助けしていたおかげもあると思います、ほんとスゴイ!
ちょっとしたことが気になること、ありますよね。
発達障害の本とか読むたびに、これも当てはまる気がする、あれも…と気になってしまったり。
どこまでが障害で、どこからが性格なのかよくわかんなくなったりしてます。
じぶ |  2007.09.24(月) 17:08 |  URL |  【コメント編集】

じぶさん>うんうん、ほんとそうなんですよね…。オトの事もそうですが、アニの事についても、「これは元々の性格なんじゃないだろうか?」「いや、やっぱりこれは障害があるからか??」とか自分でも良くわからなくなってしまうのが最近の私です。。

アニの事についても、今からアップしますが、いろいろと思い出しては自分の中でもそんな思いが混乱していました。。

ありがとうございます!オトの成長は素直にめちゃくちゃ嬉しくて感動しました。いつも冷静な旦那も「お~~~よかった!!」とすごく喜んでいました。これからもオトの成長の後押しを出来る限りしていきたいと思っています!
ニコ |  2007.09.24(月) 18:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。