2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.07 (Fri)

オトの生育暦(1歳~2歳)

前回の記事(オトの生育暦0歳~1歳)の続きです。オトが1歳になってからのお話です。





【More・・・】

オトの生育暦(1歳~2歳)





オトは1歳前にはヨタヨタと独り歩きを始め、1歳1ヶ月頃にはかなりしっかりと歩けるようになっていました。




こちらがあやすと、私や旦那を見てニコリと笑ったりもしました。2・3回名前を呼ぶと、(名前に反応してたわけではないと思うのですが)こちらを振り向いたりもしていました。




そして、相変わらずどこでも良く寝る、大人しい手のかからない赤ちゃんでした。とても育てやすかったです。











ところが…1歳6ヶ月検診が近づいてきて、チェック項目に目を通した私は少し気にかかる事が出てきました。その項目とは





「名前を呼ぶと振り向きますか?」





1歳になりたての頃は何度も呼べばこちらを振り向いていたのに、1歳6ヶ月のその頃、オトは確実に反応が悪くなっていたのです。





例えば、車でドライブの最中。アニがオトの隣で大声で泣いていても、全くの無反応で車の窓の外を見つめていました。すごい大声で泣いているのに…




オトの耳の近くでオトの名前を精一杯呼んでも、振り向きませんでした。何度も何度も大きな声で呼んでいるのに、全く振り向かないのです。これにはさすがに心配になりました。「耳が聞こえてないのでは??」と日々不安が募りました。




でも、テレビの歌などは所々口づさんだり、外で大きな音が鳴るとビクッとしたりしていたので、耳が聞こえていないわけではないのでは?など、いろいろと不安な思いが交錯しました。




この頃のオトを思いだすと、いつもお人形のようにちょこんとお座りしてテレビを見ていたり、一人で積み木を触っていたりしていたような記憶があります。自分の意思のようなものがあまり感じられないのです。まさに大きなお人形のような印象でした。












とにもかくにも、1歳6ヶ月検診の日を迎えたオト。やはり内診で引っかかりました。



・名前を呼んでも振り向かない

・耳の後ろで、音を鳴らしても振り向かない

・指差しが全くない

・ママ・ワンワンなど意味のある言葉が出ていない

・人の目を見ない。合わせようとすると避ける。全然視線が合わない。



そして内診の先生から、「自閉症か難聴の疑いがあります」と言われたのでした。




その後、耳の検査に行きましたが、聴力には異常はなかったのです。




と、いう事は……






















いやいや、でももう少し時間が経てば反応が良くなって沢山指差しも出てくるのでは、と自分自身で「自閉症の可能性」を否定していました。







実際、2歳に近づくにつれて、オトは少しづつ反応が良くなり、名前を呼ばれたら振り向くようになり、視線もきちんと合うようになってきました。ほっとする反面やはり気になったのは「指差し」を一向にしないこと。そして、気になる事は他にもありました。






オトはアニと全く一緒に遊ぼうとしませんでした。というか、アニの存在に興味がないような感じだったのです。私は、「兄弟ってこんなものなの??」とショックを受けていました。アニはオトが可愛いようで「オ~~ト~~♪」とよくいろいろとコニュニケーションを取ろうとしていましたが、オトはとても反応が悪かったのです。








不安な気持ちを持ちつつも、2歳まではオトの様子を見てみようと決めた私は、2歳が近づくにつれて、少しづつ焦り始めました。






2歳の検診の項目に「二文語が出ている」という項目があったのです。オトは意味のある単語を5・6個くらいしか持っていませんでした。二文語なんて夢のまた夢でした。オトは、一人で歩きながら「アレラレラレ~~」と、意味不明な言葉を発していることも多かったです。とにかく、喋る気配は全くありませんでした。こちらの言っている事も理解しているのか理解していないのか…。














オトは2歳の誕生日を迎えました。ケーキを手づかみで食べていました。フォークもスプーンも全く使えません。


「お誕生日おめでとう!!」


という言葉も雰囲気も全く意味がわかっていない様子でした。








比べてはいけない……だけど……




アニの2歳の誕生日の時は、アニは「かんぱ~~い!!!」と大きな声で、ジュースが入ったグラスを私や旦那と嬉しそうにゴッツンコとさせていたのに…。ろうそくの火も「フ~~」と口をとがらせて吹き消すマネもしていました。アニは自分の誕生日であることを理解していました。とても嬉しそうでした。ケーキもフォークを使って食べていました。。






私は、2歳になったオトに確信的な違和感を感じていました。









そして……、不安な気持ちが爆発した私は、いてもたってもいられなくなり、地元で自閉症に詳しいと言われている小児科の先生にオトを診てもらうことにしたのです。。





長くなりましたので、今日はここまで…
EDIT  |  12:27  |  オトの生育暦  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

そうそう。
結構、「この子、聞こえてないみたいですよ」って言われる発達障害の子って多いみたいですよね。
のび太は、テレビのセリフをただ意味もなく、
べらべらしゃべっていたので、
聴力の心配はなかったなあ。
とにかく、意思の疎通ができない、
なんで泣いているのかわからない・・・
のび太は視線が合わないこともなかったんだよ。
目を見て、ちゃんとニコッと笑う子だったからね~
いろいろだよね。
まっぷー |  2007.09.07(金) 16:06 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさん>ホントに、自閉症は100人いたら100通り、って言われてますが、一人一人症状が違うんですね~。耳は、ホントに心配で、結構大変な検査をしたんです。で、何ともありません、って言われてホッとしたのも束の間「あれ、ということは…」っていう不安が今度は襲ってきて。。当時のことを思い出すと今でも胸が苦しくなります…。。
 でも、今では視線も合うようになったし、何とかぼちぼち意思の疎通も出来るようになってきたので、まずはよかったかな~と思っています^^
ニコ |  2007.09.07(金) 18:58 |  URL |  【コメント編集】

手がかからなかったというの、同じです~!
母親から「いいわねぇ、あんたは楽で~」なんて言われたのが懐かしい…。

アニくんがいたから日常で「何か違う…」と思うのも早かったのでしょうね。
うちは、親戚にも小さい子はいなかったし、お友達と会うのもそんなに長い時間ではなかったので「こんなもんかなー」と思ってた時期が長かった気がします。
後になって、弟の成長を見ていると、やっぱり成長のスピードが違うなぁと感じてしまいます。
じぶ |  2007.09.08(土) 08:55 |  URL |  【コメント編集】

じぶさん>こんにちは^^そうなんです。たぶんオトが始めての子だったら、「こんなもんだろうな~」って思いながら今でも過ごしていたと思います。やはり成長のスピードが全く違うんですよね…。自閉の傾向もあるのですが、オトの場合は静かでご飯の時以外はマイペースなのは性格もあるのかもしれないです。兄弟で全然性格が違うので、面白いですよね~。
ニコ |  2007.09.08(土) 11:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。