2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.07.25 (Wed)

2012年の夏休み突入

お久しぶりの更新になります。気がつけばもうこんなに間があいてしまっていました(汗)


アニもオトも元気です!先日1学期の通知表を持って帰ってまいりました。◎(大変よくできました)○(よくできました)△(がんばろう)の3段階でつけられるのですが、二人とも△が一つもなかったのでまあ良かったです^^特にオトは◎が5個になっていて、1年生の頃から比べると大躍進です。今回の内容としては、国語が◎2個、算数・図工・音楽がそれぞれ1個づつでした。いや~頑張った頑張った。ちなみに1年生の2学期は△が2個あり、◎は図工で2個のみだったことを考えると、よく勉強面でのびてるな~って思います。個人懇談会の先生の反応も徐々に変化があって、


1年生の2学期の頃「オトくん、生活面ではやはり行動が遅いのと、内容を理解できていなくて違う事をしている事が多いです。あと、勉強面についてはなんとかみんなについていってますね。」


だったのが


2年生の1学期「オトくん、生活面ではやはり理解できずに動けない事もちょくちょくあります。が、前よりはよくなってきていると思います。毎日決まった行動(黒板に書かれた事を連絡帳に書く・給食の用意など)は、安心して任せられるようになってきました。あと、勉強はよく出来ていると思います。特に漢字なんかはかなり良く知っていますね。計算もよく出来ています。」


と、特に勉強に関してはオトに対する先生の目が変わってきたように思います。良かったね、オト





以前に記事にしたダンスもきちんと毎日練習しています。夏と秋に発表会があるので、それに向けて猛練習中です。だんだんとアニはかっこ良く踊れるようになってきました。オトは勢いに任せてのダンスが多くてちょっと不安定なところもありますが、ダンスが大好きな気持ちがアニよりも強いらしく、しょっちゅう空いた時間があると体を動かして踊っているので、ひょっとしたらそのうちに化けるかも???と密かに期待いています



そんなわけで、夏休みに入ってダラダラと過ごさないように、計画表を立てて過ごす事にしています。沢山遊んで、しっかり集中して勉強して楽しい夏休みにしていきたいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ


EDIT  |  09:01  |  アニとオトの日常  |  CM(14)  |  Top↑

*Comment

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.08.11(土) 10:09 |   |  【コメント編集】

10:09分の秘密様>こんにちは。コメントありがとうございます^^

不安な気持ちわかりますよ~。オトも息子さんと同じで幼稚園の頃は女の子に可愛がられてお世話をしてもらっており、男の子には粘土とかを「はい、食べて~」とか言って食べさせようとされたり、年下の男の子にはあまりにも言葉が幼い&感情の起伏が抑えられないため嫌われており「オトくん、しね」とかいわれたりしたことがあります。思い出すだけでも結構あるのでたぶんその当時はもっとあったような気がします。でも、だんだん成長するにつれて、(私も旦那も大分オトに対しては叱る事も多かったですが)感情の起伏のコントロールができるようになってきて、相手が嫌がる事もわかるようになり、以前よりもバカにされたりすることは少なくなってきたように思います。

それでも、やっぱりコミュニケーションの弊害はあり、お友達はできにくいですが、あんまりやきもきしすぎないようにしています。オトもそうですが、息子さんもきっとこれから得意な事・大好きで熱中できることが見つかってくると思います。それが見つかると本人の自信にもつながって、お友達も「あれ、こんなことが出来るんだ○○くん」という場面が出てくると思います。そうなってくると、幼稚園・保育園時代のように一方的にバカにされたりすることも少なくなってくるような気がします。

あ、そうそう。自分の子に障がいがあるからと親が消極的になってしまい、もしかなにかのトラブルがお友達とあったときに「どうせうちの子が悪いんだろう」と思ってしまうのだけはいけない事だと思います。しっかりと子供にその時の状況を聞いて、その時どういう風に思ったか、相手の子がどんな行動をとったのかをしっかりと聞いて毅然とした態度で保育園・小学校に様子を伝えるのが吉だと悟りました。オトも幼稚園時代からバカにされている面もあって、小学校になってもおなじ幼稚園にいたお友達からいじめられて、鼻血を大量に流して帰ってきたことがありましたが、私も旦那もしっかりとオトにその時の状況を聞いて、学校の担任の先生にできるだけ詳細に事実を伝えて毅然とした態度で接しました。その後トラブルは起こっていません。なので、えっと回答になっていないかもしれないですが、「この先、ずっとバカにされ続ける」ことはない、というか成長とともに減ってくると思います。「お宅の子が悪いといわれトラブルがある」といわれる事もあると思いますが、しっかりとお子さんに状況を聞いて(オトも、つたない日本語で一生懸命説明してくれます。)、お子さんを信じてトラブルに対して対処していく事が親の出来る事だと思います。長文になってしまい、申し訳ありません;;
ニコ |  2012.08.14(火) 13:50 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.08.19(日) 22:39 |   |  【コメント編集】

ニコさん、ご無沙汰しております。
わにと申します。

>しっかりと子供にその時の状況を聞いて、その時どういう風に思ったか、相手
>の子がどんな行動をとったのかをしっかりと聞いて毅然とした態度で保育園・
>小学校に様子を伝えるのが吉だと悟りました。

ニコさん、毅然としてますね。素晴らしい!うちの子は年中になりました。
息子の保育園では幸いにも、弱いものいじめをする子は今のところいないようですが、
小学校にあがったらどうなるか分かりません。

ニコさんの対応はとても参考になります。
うちの子も同じような経験をしたときに毅然とした対応を学校側にとることが重要なのですね。

ニコさんのブログはいつもためになります。ありがとうございました。

うちの子は一年前にプラレールに全く興味がなかったのですが、今はすっかりハマっており、
毎日遊んでいます。ニコさんのおっしゃるとおり、子どもは成長して変わっていくものなんですね。
わに |  2012.08.23(木) 00:10 |  URL |  【コメント編集】

わにさん>こんにちは!コメントありがとうございます(・▼・)

そうなんですよね~、子供の興味って「あれ?半年前はまったく興味なかったのに、なんで今ブーム?」とびっくりするように変化がありますよね。なので、最近は私が子供に対して好きなものは見守る、あまり興味のなさそうな事でも「ねえねえ、これ、どうしてやらないの」とか言わなくなりました(笑)興味を持つ時期になったら集中してやるだろうし、ずっと興味がわかないこともあるだろうし、ま、それでいいや~って思うようになりました。

おお~コメントへのお返事も参考にしてくださってるんですね!10:09分の秘密様へのお返事に書いた出来事は、オトからの話・オトのお友達からのお話・相手のお子さんのお話・相手のお子さんのお母さんのお話を全て冷静にまとめて、やはり相手方のお子さんがいけないと判断したので(学校側も認識していたようです)、最終的には旦那が担任の先生と話し合いをしてくれました。ただ、オトが悪い場合も今までに何度もありました。その時は、オトに対してものすごい叱責をします。たぶん相当怖いと思います私(苦笑)そこをしっかりメリハリをつけないといけないな~って思っています。悪い事をした時は全力で叱る。子供を守らなきゃいけないときも全力で守る、みたいな。。…って、なんか格好よすぎですかね(ポリポリ照)これからもっといろんな事があるのかな~って私も不安ですが、その都度しっかりと状況を把握して対処していかなきゃと思っています。
ニコ |  2012.08.23(木) 09:59 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.08.24(金) 23:48 |   |  【コメント編集】

23:48分の秘密様>こんにちは!コメントありがとうございます^^
本当に暑い日が続きますね~。残暑厳しいです;;アニとオトは近所の公園の噴水で遊べるので楽しそうなのが救いです(汗)

他人から見て、ちょっと抜けてるな~とかオバカだな~と思う所が、親からすると何ともいえない可愛さがあるんですよね~。でもやっぱり他人からみると「どうなってるのかしら、この子」って思われる事はやっぱりあるみたいで複雑ですね。オトも「お~い、こんな簡単なこと、普通は教えられなくても自然に出来るんだよ~」って言いたくなることが沢山あります。近くでみているとヤキモキすることが沢山ありますが、「え!こんなことできるの」という事もあるので(出来ない事に比べるとそりゃすごく少ないですが)ま、何とかなるさ~って感じで大らかにみてあげたいな~って思います。(たまにイライラしちゃう時もありますけどね~;;)
ニコ |  2012.08.26(日) 22:02 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.08.26(日) 22:15 |   |  【コメント編集】

22:15分の秘密様>こんにちは^^えっと、うちが住んでいる地域は東海地方なのです;;お力になれなくてごめんなさい(*ノД`*)
ニコ |  2012.08.27(月) 13:52 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.08.28(火) 18:06 |   |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.09.13(木) 19:57 |   |  【コメント編集】

19:57分の秘密さま>こんばんは、コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすみません;;

相手のお子さんから怪我をさせられたのが、どんな理由があるにせよ相手から先に手を出した状況であれば、絶対に相手が悪いですよね。先生の潜入感(息子さんの発達の事を知っているという意味での)があって、息子さんだけに謝らせるなどもってのほかだと思います。うちの場合は徹底的に本人からその時の状況を聞き、その状況をしっているお友達のお話なども聞いてから判断します。
ただ、オトやアニの方が悪かった場合(先に手を出した・どう考えても理不尽な事をした)は、はっきりいって他の人が見たら「え?やりすぎじゃない???」と思われるくらい叱りたおします。泣くのはあたりまえですね。それくらいはっきり態度でわからせないとやっぱりダメなのかなって思っています。(本当は切ないですけどね~、叱っている時は)メリハリをつけて子供に向かい合わないと、子供も「これくらい大丈夫」「こういっておけば怒られない」って悪い意味で賢くなってしまうこともありうるので;;子供を守れるのは親だけなので、信じることと叱る事はメリハリをつけているかんじです。。
ニコ |  2012.09.20(木) 20:55 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.09.26(水) 19:52 |   |  【コメント編集】

ニコさん。

コメントを頂いていたのに、お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

年齢が上がると、揉め事の内容も複雑化してくるのだなあと、
思いました。うちの子どもは、誰に何をやった・やられたかという話を家でしないので、何も起きてないのか、何かあっても本人が気にしていないのか、分からないのですが。

沖縄に行かれたのですね、怖がりのうちの子も、海の中の生き物をみて楽しめるときがくるといいなと思っています。
わに |  2012.11.10(土) 00:48 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。