2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.10.30 (Fri)

つまらないですか?

運動会も、さらにその前には音楽発表会もあったのに、記事にしていなかったので、

「一体、この頃オトくんは幼稚園の行事でどんな様子なんですか?」

と思っている方もみえるかも。。なので、オトの行事参加の様子について書きたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【音楽発表会の様子~2009年6月】
年中さんになって、一番早くに行われる行事、「音楽発表会」


行う場所は、歌手がコンサートを行う会場と一緒の場所で、舞台から客席を見ると、人の視線にかなり圧倒される感じです。なにせマンモス幼稚園なので…


昨年は、舞台の上で演奏が始まる前に大泣きしていたオトさんでした。(詳しくはこちら


が、今年は


全く泣いていませんでした



音楽発表の構成は「楽器演奏」&「歌」でした。


楽器演奏のオトさんの演奏楽器は「中タイコ」。演奏中は、たまに余計なところでタイコを叩く場面もありましたが、一応は一通りやり遂げていました。


歌については、かすかに口が動いているのか?!って感じで、歌っていない場面が多かったですねぇ;;オトだけ歌ってないってわけでもなかったのですが、やっぱりしっかり歌っている姿が見たかったです…。


全体的な感想としては、一通りトラブルなくこなしていた、という感じでした。でもね、でもね…


オト、なんだかつまらなさそ~~~~~に演奏に参加しているんですよね~~。。


練習したことは、とりあえずやるけども、全然楽しくないし、なんでこんな事やらなきゃいけないの~みたいな表情で、演奏に参加しているオトさんでした。


なので、何となく力を入れて記事を書く気持ちになれなかったというのが正直なところです。







【運動会の様子~2009年10月】

運動会のオトの種目は、「踊り」「かけっこ」「親子競技」の3つです。特に、目玉は年中さんが全員でキラキラの棒と衣装をつけて踊るお遊戯です。

で、オトさんがどんな様子だったかなのですが、お遊戯については


全て間違えることなく踊っていました。


かけっこについては、


とりあえず、まっすぐに走っていました。(順位については最後から2番目w)


親子競技については、旦那と一緒に参加したのですが、ママがよかったと言って


最初から最後まで泣いていました(爆)



で、私の感想なのですが、オト、確かに

誰に迷惑かけるでもなく、特にトラブルを起こして目立つ訳でもなく、練習したことは間違いなくやっているのですが、な~~~んか、キレがない(苦笑) 

それから、「ちゃんとできた!」とか「かけっこ頑張った」とかいう笑顔とかが全くなく、行事の間、ずっとあまり表情がないんです。(つまらなさそう、なんですよね~~)一通り、とりあえず終わりました、みたいな行事の参加の仕方なんです。


オトにとっては、みんなと一緒に、上手に一つのことに取り組めた、とか、そういう充実感を感じることができるのは、もうちょっと先なのかな~という感想です。



一方、年長のアニは、リレーで緊張して走ったり、全員で参加する器械体操などがばっちりきまった事を喜んで報告してくれたりと、やはり、オトとは違った反応がありました。


来年は、行事に参加して楽しそうなオトの姿が見れるといいなあ。。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←ニコニコ行事に参加している姿が見たいです…
EDIT  |  09:24  |  オトの就園・幼稚園での出来事  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

オトくん、緊張してたんじゃないのかな?
大人の目からはつまらなそうに見えても、
真剣で一生懸命すぎて、笑顔も出ないし、こわばって見えるし、
それがつまらなそうに見えてるのかも知れませんよね。
きっと、とっても頑張ってたんじゃないかな。
こういう行事も経験して場数を踏めば、だんだん楽しめるようになるのかも・・・?

ところで前の記事の弱視だけど・・・
今の段階でわかってよかったですよね。
入学前にわかると、学校でも黒板の見やすい場所に
席を置いてくれたり配慮してくれるみたいです。
友人のお子さんがやっぱり弱視、遠視、斜視で1年生の夏休みに手術したようです。
アイパッチの訓練もやっていたみたい。
その子は今、中1になったけど、3歳からかけてた眼鏡も必要なくなったみたいですよ。

眼鏡って親とすると「小さいうちから可哀想」って思うけど、
のび太は同じクラスでやはり弱視で眼鏡の子がいたんだけど、
その子の眼鏡が「かっこいい」って言ってましたよ。

余談だけど私自身が左右の視力が違って(右1.0左0.3)すごく疲れるんだよね~
まあ、私は高校生になってからだけどね。
今は医学も進歩してるから余り心配しなくても大丈夫みたいですよ。
まっぷー |  2009.11.04(水) 10:48 |  URL |  【コメント編集】

うちの子は、つまらないことはやってくれません(苦笑)。
加配の先生は息子に興味がわくよう、大変苦労されているような気がします。

幼稚園も小学校も楽しいことばかりではなく、絶対につまらないこともあるわけですから、つまらなくても参加できるというのは大変立派なことなんじゃないかなと思いました。
orecite |  2009.11.04(水) 16:24 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさん>こんにちは!コメントありがとうございます^^

そうか~~、彼なりに緊張していたって受け止め方があった!それを言葉にしないだけで、そうだったのかな~。以前の記事にも書きましたが、緊張=成長した と私は思うので、緊張できるようになった、というのはよい成長だと喜ばないとですね~(゚ー゚*)

弱視になりかけだとわかって、弱視について調べれば調べるほど、一日でも早くてよかったと思っています。小学校入学検診に感謝しまくりです。アニも、友人のお子さんみたいにメガネが必要なくなる日がくることを願って、アイパッチ&眼鏡生活に取り組んでいます。ちょっと嬉しいことは、本人が眼鏡&アイパッチをさほど気にせずに日常に取り入れてくれていることです。6歳になって、なぜ眼鏡&アイパッチが必要かを説明したら、納得してくれて安心しました;;

私も、実は10年くらい前まで、両目でも0.03とかしか見えてなくて、レーシック手術をよぎなくされたくらい見えなかったです。手術をしたら今では右・左ともに1.0以上になったのですが。。弱視になってしまうと、レーシック手術もできないとの事なので、頑張って矯正視力が出るように訓練していきたいと思っています。
ニコ |  2009.11.05(木) 13:37 |  URL |  【コメント編集】

oreciteさん>こんにちは~、コメントありがとうございます!

そうそう、オトもほんの少し前までは、本人が興味の無いこと、気乗りしないことは体を張って嫌がっていましたねえ。。それを思うと、最近はかなり落ち着いて、「嫌なこと・興味の無いことでも、一通りは周りのこと合わせてやったほうがいいんだ」という事を、認識しはじめてくれたので、成長したかも、と思います。
でも、やっぱりうちの中では、興味の無いことは断固拒否しますね。やっぱり幼稚園という社会生活の中で、彼なりに気を使っているんだろう(わがままばかり言っていてはいけないんだって、自分を抑えている)と驚かされることがあります。

oreciteさんの最新のブログにお邪魔しましたが、息子さん、ダンスやかけっこをしっかり出来ていたって書いてありましたよね。なので、ひょっとしたら息子さん、「みんなと一緒に何かを行う」って事がつまらないと思わなくなってきたんではないですか?オトもそんな様子なんです。これは嬉しい成長だと思っています。

そして、「みんなと一緒にとりあえずやっておくか」という気持ちから、「みんなと一緒に何かをやるのって楽しい!」と思えるようになって欲しいな~と、希望が膨らんでしまう私です。。
ニコ |  2009.11.05(木) 13:47 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。