2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.08.21 (Fri)

オト、半年ぶりの発達検査

半年に一度は発達検査をして、今の状態を知っておいた方が良いとの事で、オトさん、半年ぶりに新版K式を受けてきました。

内容については、差しさわりがあるので詳しくは書けませんが、半年前とやったことはほぼ同じでした。

ずっとオトの検査を後ろから見ていて思ったことは、


【困ったこと】


・人の話をちゃんと聞けない(他事を考えているっぽい)

・全部自分のペースにもって行きたがる(検査の道具で独自の遊びをしたがる)

・できる事をわざとふざけて間違える(笑いをとろうとする)


という感じで、結構落ち着きがなかったです^^;それでも、できる課題も結構増えてはいましたが、一方でできなくなっている事も若干あって「あちゃ~」って感じでした。

検査の間、「オト、○○で遊びたいの」「オト、これで○○する~」「オト、もっと難しい事するよ~」などと言い、自分のペースでかなり喋っている場面があって、先生の問題を聞いていない場面がありました。




先生が検査を終えての大体の予想は、オトの実年齢4歳6ヶ月=発達指数 で、年齢相当での結果が出るだろうとのことでした。しかし!やはりできる部門とできない部門の凸凹が激しいとの事でした;;正直凸凹が少しは改善されたのではと期待していただけに、ちょっとショックなニコです。。


結果の詳細は来月いただきます。またブログでご報告できればと思っています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←オトさんやっぱり「了解」の問題が苦手です。。
EDIT  |  10:53  |  療育  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

初めまして。2歳7ヶ月の息子が何かしらの発達障害ではないかという疑いが最近出てきてから、いろいろな情報を探している所にこのブログに出会いました。
過去のすべての記事読ませて頂いて、悲しくなったり、感動したり、温かい気持ちにさせてもらったりしました。本当によく頑張られて努力されていますね。

わが家は2007年(渡航時息子7ヶ月)より主人の出向により海外に暮らしており、息子は家では日本語、外では現地語(その他私が英語、西語を友人と話すことがあるのでそれも)を聞く環境です。同じような年齢の日本人の子供達と週1回遊ぶ機会があり、今までは「うちの子はいろいろできるようになるのが遅いんだわ。」とか、「他の子供たちと行動や興味の対象がちょっと違うな」と思っていました。

しかし最近、こちらにきてからいろいろお世話になっている友人に、「一度~君をちゃんと専門家に見てもらったほうがいいのでは」と言われ、その理由を聞いてみると、確かに発達障害に当てはまるようなことがいくつかあることに気づきました。彼女なりにこのことを指摘するまでには1年くらい悩んだそうです。私は有り難いと感じると同時に、ショックで、目の前が真っ暗になり、その日は寝ている息子を見て、将来を悲観して涙が出てきました。

息子の特徴として、
1、指を器用に使って瓶のふたをまわすことが大好き、駒も上手に回します。積み木やその他回せそうにないものであっても何でも床の上で回そうとします。
2、多動というのでしょうか、外で遊ばせると必ず急にぱっと走り出し、どこにでも行ってしまいます。危険の認識もありません。
3、親が話しかけて、調子がいいとこちらを振り向く、悪いと全く耳を貸さず好きなことをして遊んでいます。
4、お父さん、お母さんと言ってくれません。周りでその単語を耳にしないからかもしれないのですが。言える言葉も少ないです。会話はできません。
5、石畳やタイルばりの地面が好きで眺めながら何度もその上を走ったりします。
6、お友達が集まって遊んでいる中で、突然大きな声で歌い、踊り出したり、大好きな本の暗唱を始めます。本もDVDも台詞などを覚えるのが得意です。
7、滑り止めのついた靴下が大好きで、不安なとき、眠る時にはなしません。

まずはこちらのかかりつけの小児科に相談してみましたが、やはり専門家に見てもらった方が良いと紹介状をもらいました。しかし先方に連絡した所そうそうには予約が取れないとのこと。実は私11月に第二子出産予定で、9月半ばに日本へ里帰りし、年初にこちらに戻る予定なのです。よって予約は来年以降にしかできないとのこと。

実家のある市の保健所には相談済みで、10月半ばに発達検診を受けることになっています。しかし、出産前にショックで体調を崩してしまったりしないかと言う不安もあります。。。出産後の方がいいと思われますか?でもそうすると日本を離れるまでに時間があまりなくなるしなどとも思い。。そもそも、もし療育などを受けさせるのならこちらに戻ることさえも躊躇します。こちらでは私たち夫婦が現地語があまりできないからです。こちらでもきっとそういった療育はあるのでしょうが、言語が分からないで果たして為になるものなのか。。。
どう思われますか?

ちなみに息子は10月から、日本で期間限定で幼稚園へ行くことになっています。先方には事情を話してあり、それでも受け入れてくださるとのことです。そして2月からはこちらでの幼稚園も入園がほぼ決まっています。私たちのこちらへの滞在は2011年夏までです。

長々と書いてしまいましてすみません。
発達健診を受ける時期と、療育を受けさせるべき場所についてアドバイスを頂けたらとてもうれしいです。

マール |  2009.08.29(土) 07:21 |  URL |  【コメント編集】

マールさん>はじめまして!コメントありがとうございます。
出産を控えている身で息子さんの心配事が重なり、大変な時期なのですね。心情、お察しします。外国と日本を行ったり来たり(今後は、どちらに重点的にお住まいになるんでしょうか?日本かな?)という環境も、かなり大変ですよね。。そういう点でも息子さん、いろいろな言葉を聞いているので言語が定まらないところもあるのかな~、と素人ながらに思うのですが、どうなんでしょうか。。(頭の中でこんがらがっちゃって、うまく言葉がでてこないとか。。)

発達検査を受けて、マールさん自身がどんな結果であろうとも受け止められるというお気持ちがあるなら、いつでも受けて大丈夫だと思いますが、やはり気持ちが揺れ動いてしまうだろうな~と思うのであれば、まずは元気な赤ちゃんを産んでメンタル的に、落ち着いた頃の方がいいのかな~とも思うのです。療育を受けさせる場所は、日本に限定的でも生活されるのが2年間ですよね。息子さんが2歳7ヶ月という事なので、療育は日本でうけるのがいいのかなって私は主観的に思います。(療育や言語指導は早期に始めるのがよく、3歳頃が一番ベストだという話も聞きますので、先延ばしにしない方がいいのかな、と思います)

あ~でもこれだと時間的に難しいんですよね。出産されてからの検査だと、間もなく外国に戻ってしまわれるんですものね。。う~ん。。。もしも、仮に、息子さんの療育が必要だという結果になった場合、マールさんと息子さんだけ日本に残って、というのも現実的じゃないんですよね。。

2つを総合すると、各論では意見できても、総合的となるとよい意見が思いつきません;;ただ、一つ言えることは、マールさんのお体がとても大事ということです。あまり深く思いつめず、息子さんの良いところを沢山見つけて、笑顔で接してあげてください。
ニコ |  2009.08.29(土) 15:07 |  URL |  【コメント編集】

ニコさん、早速の心のこもったお返事ありがとうございました。
とてもうれしく心強く思いました。

そうですね、検査の時期はもう少し良く考えてみます。お正月早々に何が何でもこの国に戻ってこなければ行けないということはないので。ただ、主人が単身赴任になってしまうというだけで(笑)。でも今日夫婦で考えたのは、もし療育を受けさせることになった場合、ニコさんのおっしゃるとおり、私と子供たちは日本に残るということ、でも休みなどを利用して年に何回かは家族で過ごす時間を持つことです。

私たちのこの国での滞在予定は2011年夏までで、その後は何もなければ日本へ帰国します。なのでそれからは日本で家族一緒に暮らすことができるのでそれまでの我慢だねと。

私はこの国での生活に慣れるのに必死で、二年終えた所で今やっと楽しくなってきた所でした。でもだから今までは自分に余裕がなくて、子育ても大変だと思うことが多く、息子のことをしっかり見てあげてなかったのかなと後悔したりもしています。今も実際のところ、息子のことで不安が募るあまり、息子の欠点、できないことばかり見てしまっていました。でもそうですね、息子の良い所たくさん見つけてあげなくちゃいけませんね。わが家の宝物ですから。

これからも遊びにきます。ご相談させて頂くかもしれません。
よろしくおねがいします。
マール |  2009.08.30(日) 06:44 |  URL |  【コメント編集】

マールさん>おはようございます^^
マールさんのご家族が、息子さんの事を第一に考えていらっしゃる様子がとてもよくわかり、心を打たれました。親の都合を第一に考えるご家族が多い中、息子さんを重点に置いて見えることは、素晴らしい事だと思います!

息子さん、とっても器用なんですよね、素敵な長所ですね^^まだまだ沢山息子さんの素晴らしいところ、見つけてください。経験からいうと、短所だと思っていた事が逆に長所に思えることもあるんですよ。親の受け止め方で、気持ちの持ちようも、子供の可能性もじゃんじゃん変わってくるんじゃないかなって思います。

ってかっこいい事を沢山書いていますが、わたしもまだまだヒヨヒヨの母親です。よく日頃カーーーっとなって怒ったり、不安になったりすることも多いです。私たち母親だって人間ですから、仕方ないですよね!そんな時は、子供と少しだけ距離をとって、自分の好きなことに没頭する時間も作っています。ストレス発散しながら笑顔が少しでも多い育児をしていきたいと思っています。

また是非遊びに来てくださいね^^
ニコ |  2009.08.31(月) 08:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。