2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.05.28 (Thu)

言語指導、5回目行ってきました

カメ更新の私のブログを見てくださっている皆様、いつもありがとうございます。

えっと、一つお知らせ?があります^^

過去記事にコメントして下さる場合、「秘密」コメントにすると私が気がつくのが遅れてしまう場合があり、お返事が遅い場合があります。なぜなら、秘密コメントは左側の「最新のコメント」欄にコメントがあったことがのらないので、ボケな私は折角いただいたコメントを見逃してしまう可能性があるんです;;

日頃から気をつけてチェックしていますが、過去記事への秘密コメントの場合、返事が遅くなってしまう事があります、ごめんなさい~><

コメント、とても嬉しくいつも思っております。これからもどうぞお気軽にコメントをよろしくおねがいしま~す♪

では、本記事に入りたいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最近、言語指導のお話を書かないでおりますが、ちゃんと一ヶ月に一回、オトくん通っております。

で、成果はどうなんだ??と興味深深のそこのアナタ!にもわかりやすく、5回言語指導を終えた感想を書いてみようと思います。

【More・・・】

1ヶ月に一度の言語指導で、めきめきと会話が出来るようになる、などという魔法のような事はもともと想像はしていませんでしたが、結論から言うと、やっぱりそんな魔法は起きてはいません(苦笑)


でも、先生の指導はとてもわかりやすいですし、テンポも速すぎず、遅すぎず。視覚的に何でも書きながらオトにいろいろな事を説明してくれます。オトも、この授業を嫌がらず、というか楽しみながら受けている様子です。


で、5回受けた今、わかったことがあります。



それは、この言語指導はただ単純に、「子供を指導しているのではない」という事です。本来の目的は「親にどうやって日常生活の中で子供と接していけばよいかを指導してくれている」のではないかと気がつきました。先生は、オトを指導しているのではなく、私を指導してくださっているんだと、気がつきました。



でも、改めて考えてみれば、そうなんですよね。一ヶ月に一度の言語指導だけで、メキメキ会話力、理解力が伸びるはずないんです。毎日の生活でのオトと家族の接し方がなによりの言語指導なんですよね。


・子供に対しての言葉はゆっくり、丁寧に

・視覚的な物を、意識して取り入れる

・助詞などの間違いは、親がゆっくりと大げさに言いなおして子供に意識させる

・子供にいろいろな言い方で、いろいろな質問を日ごろからする

・返事を焦らないで、ゆっくりと聞いてあげる


こういったことが思いつくところです。日頃から、オトに限らずアニにも良い事なのではないかと思い、自分が気がつく範囲でやっていこうと思っています。




言語指導、5回目の本日。先生がオトの様子を見ながら


「オトくん、大分、落ち着いてきましたね~。」


との感想をいただきました。人の話を聞いて、一方的に好きな返事をするのではなく、返事をする時に一旦考えながら喋るようになった様子が伺えると仰っていました。親の私から見ても、オトはここ一ヶ月で、少しづつではありますが、会話に対する理解力が深まってきているような様子が見られるなあ、と思っています。まだまだトンチンカンな受け答えをすることもありますが、その頻度は確実に減ってきています。



一例を挙げますと、


ニコ「オト、今日は幼稚園で、5月産まれのお友達の誕生日会があったよね。オトのクラスでは、誰が誕生日だったのかな?」


という質問に対して、以前は


オト「ケーキ食べるよ!!」


という、彼独特な発想での受け答えをしてくれていました。ちなみに、幼稚園ではケーキは出ていません(笑)要するに、彼の頭の中で 「誕生日=ケーキを食べる」という方程式が出来上がっていて、こういう回答をしていたんですね。まあ、親だからわかるのでありますが^^;


ところが、数日前に、同じ質問をしたところ


オト「えっと、○○くんと○○くん、たんじょ~び」

とちゃんと確信をついた返事がかえってきたんです。彼なりに、確実に人の話を聞く力は育っているんだと嬉しく思いました。





話を戻しますが、病院の言語指導を受けただけで、

「うちの子、全然成果がないわ。全然喋れるようにならないじゃないの」

とか

「言語指導を受けてるんだから、すぐにそのうちに喋れるようになれるよね。安心だわ~^^」

とかいう考えは違うのかな~、と思ったのが今回の私の感想です。


やっぱり、基本は家庭での毎日の接し方なんですね~。私も勉強勉強です。


オト、現在4歳3ヶ月です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←言語指導2・3回目までは、あんまり意味ないからやめようとか考えていた親の一人でした(汗
EDIT  |  17:57  |  療育  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

♪光・・・

今回の記事も、とても参考になりました。 
ニコさんの取り組みを参考に、試行錯誤しながら息子と接してきて、最近メキメキと成長を見せ始めてくれました! 
いくつか名詞が出始め、自分からの主張もよくするようになりました。 
興味を持ち出したクレヨンで、アンパンマンなんて言いながら、丸や線を描きだしたり・・・。
お姉ちゃんとも遊べるようになってきて、ビックリするほど変わってきました。二歳六ヶ月、ようやく息子にエンジンがかかったような気がします! 
光が見え始め、私の気持ちも大分楽になりました。 これからも、オト君を目標に、息子と頑張っていきたいと思っています!
スマイル |  2009.06.02(火) 20:56 |  URL |  【コメント編集】

♪また参考にさせていただきました

今回も参考になりました。
言語指導ということにとても興味を持ちつつ、その効果はいかほどに…?といつも思っておりました。
言語は教えられるものではない、身につけていくものと療育の勉強会で教わり、言語指導そのものも、生活で言語に関わっている親に比重があったのですね。
そんな姿勢も、これから考えつつ、今まで質問は決まった言い方に意識してしてきたのを、言い方、物の呼び方も変えながら、やってみようかなと考えるようになりました。
子もずは現在3歳3か月であり、1年お兄ちゃんのオトくんをいつも一年後はこのようになれるのだろうか…と希望を相変わらず持っています。
もずりん |  2009.06.02(火) 21:09 |  URL |  【コメント編集】

スマイルさん>おはようございます、コメントありがとうございます!

わ~^^少しでも私のブログが参考になったのなら本当に嬉しいです。きっと息子さんが伸びるタイミングと重なったのかもしれませんね!オトも、2歳6・7ヶ月頃から急速に名詞を覚え始め、指差しも頻繁にする様になり、びっくりするほどの第一時?成長期を迎えた事を思い出しています。息子さんも、その時期なんですね^^

息子さん、これからももっともっと、驚くほどの成長をしていくと思います。楽しみですね(・▼・)
ニコ |  2009.06.03(水) 08:17 |  URL |  【コメント編集】

もずりんさん>おはようございま~す。コメントありがとうございます^^

私も、言語指導を重ねるごとに、「そうか、やっぱり基本は親・家族の接し方が一番の言語指導なんだな」と思うようになりました。人任せではいけないんだって。その接し方のアドバイスをしてくれるのが、いわゆる一ヶ月に一回の言語指導なんだな~ってつくづく思いました。

うんうん、いろいろな言い方で質問を変えるのはかなり大事なことみたいです。私も、オトの反応が悪いときは、何度も言い方を変えて話かけています。そうやって少しづつ、会話が出来るように手招き?する感じで今を迎えています。まだまだ、すらすらとした会話は無理ですが、最近やっと簡単な会話が出来るようになってきたな~と感じています。ほんと、徐々にあせらず成長を見守っていかなきゃなんですね~。たまに焦るときもありますがw
ニコ |  2009.06.03(水) 08:25 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.06.08(月) 08:18 |   |  【コメント編集】

8:18分の秘密様>こんにちは。コメントありがとうございます^^

そうですね~、子供と一緒にいろいろなお子さんと触れ合える場所に沢山いくのがいいのかどうかというのはやはり一長一短あると思うんです。
他のお友達から刺激を受けて、子供が成長することはあると思うので、それは良いことなのですが、親がどうしても周りの子をみて落ち込んでしまうんですよね。。私もそうでした。「みんな、こんなに落ち着いてる。。こんなに上手に会話できてる。。どうして家の子は。。」って。ママだって人間だから落ち込むのは仕方のないことってこの頃は割り切っているんですが、でも、やっぱり子供は繊細なので、ママが落ち込んでいたりするのはよくないし。。なので、ママが無理しない程度にお子さんと外に出るのがいいんだと思います。私の場合は、秘密さまと違って療育教室だったため、(周りのお子さんの事を気にする事がなかったので)ただもう無我夢中で、出来る限り通っていました。でも、健常なお子さんが沢山の場所だったら、たぶん頻繁には行っていなかったように思います。私自身が落ち込んじゃうので(苦笑)なので、無理する事はないと思います。

オトが人の目を見て挨拶するようになったのは、そうだな~。。幼稚園に通い出した頃にはそれなりに挨拶していたような気がします。。なので、3歳2ヶ月くらいだったでしょうか。ただ、今度は逆に全然知らない通りがかりの人にも一方的に挨拶するようになりましたが(爆) でも、挨拶は良い事なので、気にしないでおくようにしています。

思いつくままに書きましたが、質問の答えになりましたでしょうか(;・∀・)
また、是非遊びにきてくださいね^^
ニコ |  2009.06.08(月) 12:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。