2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.01.23 (Fri)

頭が良い、ってどんな事?

今日は、私の父の話が主題となっています。

私の父がどんな人だったか。詳しくはこちらをごらんください。

今回の記事は、私の父への感情などが織り込まれており、少し重い内容だと思うので、疲れ気味の方は絶対に読まないでくださいね。(最近こんなんばっかりでスミマセン;;)

【More・・・】

知力が高い事・勉強が出来る事って人間にとって強みだと思います。一般的にもそうですよね。


私も親ですから、近い将来、アニとオトが勉強が良くできたら、やっぱり嬉しいと思います。




でも…、今の私の父を見て考えるのです。



知力が高い事なんて自分の人生を力強く・心豊かに生きる為に生かされなければ全く意味のないものになると。


逆に、知力が高い事=(悪い意味での)プライドになって、それがいつも自分のしがらみとなってしまうのであれば、すごく悲しい事だと思うんです。何をするにも無理に格好つける、人の事を小バカにする、自分がいつも一番だと思う、そんな人間になってしまうなら、勉強が出来る事が何なんでしょう。


だったら、私はアニとオトに、多少勉強が出来なくっても、人の気持ちを思いやれる人間、格好をつけすぎない自然体で生きられる人間に育ってほしいと思っています。





勉強をする事は

嫌な事から逃げない姿勢を身につける(勉強が嫌でも、やるべき時にはそれから逃げる事を考えるのではなく、それをやり遂げる姿勢を身に着ける事が大事だと思います)

・いろいろな科目を勉強する中で、自分の興味を広げる(何か一つくらいは、自分の興味を引くものに会えるかもしれない)

・努力して、良い成績になっていくことによって、自分に(良い意味での)自信がつく


事を目標にしていけばそれでいいと私は思っています。


そりゃ、やるからには悪い成績よりも良い成績の方が嬉しいに決まっていますが、良い成績を取る事自体が学校生活の全てになってしまうのは絶対に間違いですよね。


…なんて言って、アニとオトが中学、高校になって「なんでこんな成績なの!!もっと勉強しなさい」なんて将来キーキー怒ってたりして(苦笑)でも、まあ、勉強なんて自分がやる気にならなければ、結局身につかないですしね。子供にはやりたい事、好きな事が見つけられるように、手助けしていければいいな~って思います。




話が逸れてしまいましたが…


父を見て、すごく考えさせられています。

小さい頃から父が優秀な成績を取る事が両親(私にとっては祖父・祖母ですね)にとっての生きがいだったそうです。

中学・高校は地元で一番の進学校に通い、大学も一流大学。

会社でもエリートコースまっしぐら。周りも驚くほどの出世コース。(最年少でなんとかの役職につく、とかそういう状態です)


しかし、突然の病で、精神まで病んで、今現在は廃人の状態になっている現実。


追記しておきたいのは、会社でエリートコースまっしぐらだった間にも、父は家庭の事は一切顧みず、傍若無人な態度だった為、母が大変苦労していた長い年月があって、それを見てきた私の心は完全に父から離れていた現実もありました。





ここで、父を冷めた目で見てしまうのです。

頭が良いはずなんだよね、この人。

その良い頭で考えられないのか。母がどんな気持ちであなたを支えてきたのか。(母への思いやりが全くない人なのです)

それだけの一流の教育を受けてきて、一つのつまづきで廃人状態となった今の自分の毎日を、どうしたら打開できるのかその良い頭で考えてみてよ。


…知力が高くても、こんな晩年です。




だから、つくづく思います。アニとオトには、勉強だけじゃなくて、多少の困難が起こったとしても、その困難を克服して力強く生きる力、そして周りの人を思いやれる優しさを学んでいく事の方が大事なんじゃないかって。

それを身につけていって欲しい。気付いていって欲しい。それが、充実した人生を送る為にとても大事な事だと思うのです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←強みが弱みになってしまうのも、自分次第なんですね…
EDIT  |  10:20  |  ニコの日記  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。