2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.12.12 (Fri)

今度は新版K式受けました

オトの言語指導の第2回目に行ってきました。

【More・・・】

言語指導の部屋に入ると、先生が一言


「今日は、発達検査をしたいと思います。」




え~~~~~(´□` )ノ またでっか~~~(汗)先週やったジャナイデスカ(;・∀・)






今日から、正式な言語指導が受けられると思って期待していたので、ちょっと期待はずれではありましたが、言語指導を受ける際の流れらしいので、仕方がありませんね;;


このところ、連続して発達検査を受けているオトさん。また今日も発達検査を受けることになるのね~、とオトに少し申し訳ない気分になる私…。一方オトは、いつもと変わらない様子で、(ていうか、何を今からやるのかわかっていない様子で)、機嫌は比較的良さそうな感じでした。



先生が取り出した用具一式をみて、すぐに「新版K式発達検査」である事に気がつく私。久しぶりだな~これ見るの…。



次から次へと出てくるお題を、「次は何??」とか言いながら、自分なりにこなしていくオトさん。

K式のテストは遊び感覚で行えるところがいいですね。でもさすがに、1時間以上検査をしていたので、オトも最後は飽きてしまって「ふがふが」言い始めてしまいましたが^^;見ている私も疲れたくらいですから…まぁ、ずっと席に座って落ち着いて受けれたことが偉いと思います。



見ている私の感想としては、「あ~これ、以前に全然出来なかった問題だぁ。全部答えられるようになって、成長したなあ~(*´д`;)」とか、いろいろな思いでオトの様子を見ていました。

あと、かなり高度っぽい問題もチラホラあって、正直驚きました。

そして、一番今回感動したのが、そういう難しい問題に、オトがじっくりと取り組む姿勢を見たことです。


「出来ないからやだ~、なにこれ?(ポイッ!!ホウリナゲ!( ゚∀゚)つ=====ω)」なイメージをオトに対して持っていたのですが、そんなことはなく、じっくりと取り組んで答えを導き出す場面があり、かなり驚きました。これもまた成長なんだな~( ;∀;) カンドー









そして、約1時間の検査が終了し、先生がオトについての大まかな見解を説明をしてくれました。


先生「また細かく計算してみますが、結果としては、年齢以上の結果が出ますね。知的には悪くないです。」


ニコ「え!!!年齢以上ですか(゚ロ゚屮)屮」(←マジに驚いている私)


先生「はい。年齢以上ですね。ただ、ものすごく得意な分野と、そうじゃない分野の差が激しいです。得意な分野の問題は4歳半の問題がクリアできたりしてますが(オトは現在3歳10ヶ月)、得意じゃない分野は、年齢以下の問題もギリギリクリアみたいな感じです。かなり差が激しいです。まあ、平均すると年齢以上の結果にはなりますけどね」


と、先日田中ビネーを受けた時に児童心理師さんから言われた言葉と同じ言葉を、また聞く事になりました。


先生「オトくんは、人の話を聞くのが苦手な部分ですね。ゆっくり何度も説明すると、理解して取り組めるみたいですが」



発達検査の合間に、先生がオトに話しかけるのですが、「聞いてるか?」という感じで、全く耳に入っていない場面がやはり目立ちました。家でも、何度もゆっくりと話しかけないと、行動に移せない場面は多いです。


人の話をきちんと理解して聞けるようになると、会話も出来るようになると思うのですが…


これから言語指導で徐々に変化がありますように( ´-`)†







…ふぅ、しかし、発達検査は当分もういいな~(苦笑)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←次回の言語指導は1月の半ばです( ゚ー゚)ノ
EDIT  |  10:06  |  療育  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。