2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.11 (Mon)

オトの診断の結果

今日は、私たち夫婦にとってもオトにとっても、忘れられない一日になりました。かねてより、予約をしていた児童心理司さんにオトを診てもらう日だったのです。



【More・・・】

旦那は今日はお休みをとってもらって、3人で「中央障害児センター」に足を運びました。やはり、初めての場所でしたがオトは特に大泣きする事もなく、先生と4人で発達テストを受ける為の部屋に入りました。



子供用の一人用の椅子に静かに座っているオト。先生もそんなオトに優しく声をかけながらテストをして下さいました。



発達テストは「新版K式発達検査」というものでした。(テストが終わって、先生からそのように説明を受けました)テストは40分位かかりましたが、オトは彼なりに色々と考えながら、テストに取り組んでいました。さすがに、テストの最後の方になると集中力がなくなってきたようで、「ふえ~~~ん」となりましたが(笑)まあ、よく頑張って静かにテストを受けていたと思います。



テストが終わって、先生がテストの採点をしてから、オトは自由におもちゃで遊ぶ時間となり、旦那はオトのお相手をw
そして、私は先生と診断の結果についてお話を受けることになりました。





先「テストの結果なんですが、見てお分かりのとおり運動発達と言語を用いない図形の問題系統等は、年齢相当かそれ以上出来ている結果なんですね。でも、言語とコミュニケーションに関してはとても点数が低いです。はやりバランスがとても悪いということがわかると思うんです。」





私「はい。本当ですね。ぱっと見てわかりますね、これは…」





先「ですので、はやり発達の遅れはあると思います。それで自閉症かどうか、という事についてですが、オト君の場合は言語の遅滞・コミュニケーションの障害はあるんですが、こだわりは殆どない様子です。従って典型的な自閉症ではありません。でも、広汎性発達障害という大きな輪の中には入ると思います。ですから…」





と先生は、ちょっと言葉を置いた。





先「私は医者ではないので、正式な診断名は出せないのですが、オト君がどの位置に属するかと言うとすると、非定型自閉症かな、と思います。」




ちょっと聞きなれない言葉が出てきて、私は頭が「?」になりました。あんなに自閉症について勉強していたのですが、「非定型自閉症」についてはあまり知りませんでした。




私「ひていけい??自閉症というと、やっぱり自閉症なんですか??」




先「大きな輪で発達障害を描くとすると、まぁ、そうなります。特定不能の広汎性発達障害になると思います。」





……やはり、そうなんだ。と思う気持ちでした。でもショックではなく、やっと診断が聞けて、肩の荷がなぜか下りた私がいました。これでやっとオトに何かしてあげられる、というかそんな気持ちでした。




私は、ずっと気になっていたことを先生に尋ねました。




私「オトは知的障害があるのでしょうか?」




先「う~んと、それはどういったレベルでのお話しなのかわかりませんが、言語の遅滞がある、という現実において知的な障害があるといえばありますけど…」




私「ネットで知的障害は軽度でも生涯に渡って小学校高学年以上のIQを持つことはできない、って見たんですけど…」




先「その場合の知的障害を持ったお子さんの場合、全てにおいて発達の遅れが見られます。運動発達もそうですし、言語以外の発達テストについても遅れが見られるんです。オト君の場合はそういうものではありません。私は医者ではないのではっきりとは申し上げられませんが、オト君が絵を鉛筆で書いているのを見る限りでも、あの図形の描き方から見てそういった知的障害ではないと思います。発達テストも言語・コミュニケーション以外はきちんと出来ていますし…」




先生は、言葉を選びながら丁寧に説明をしてくださいました。この先、オトが知的障害があるかないかで、私がオトに対して療育していくにあたってやり方が違ってくるだろうと思っていたので、これは聞いておきたかったのです。




先「でも、やはり言語の遅滞が見られるのは事実ですので発達障害はそうだと思います。」




と診断を受けました。




「コミュニケーションの障害」についても、先生から丁寧なご説明を受けました。




先「オト君は、ボールを転がすとボールを私に転がし返してくれたんですけど、何回も続かずに、次第にボールを転がすこと、が楽しい、になっているんです。つまり、私とボールで遊んでいることが楽しいのではなく、ボールを転がす事だけが楽しいんですね。人と人とのやり取りをまだ楽しめない段階です。私が犬を使ってコニュニケーションをしたときも、犬には興味があって犬は手にとるわけですが、私とのやり取りを楽しむことはできていません。やはり、コミュニケーションの障害があります。」




それから先生はもう一つ続けていいました。




先「最後に目はどこ・耳はどこ、っていうのをやりましたよね。あれは出来なくてもいいです。私と一緒になって目ここ・耳こことかって一緒に復唱しながら遊ぶことができたらそれで合格なんですよ。でもオトくんは出来ませんでしたので、やはり人と一緒になって楽しもうとする力が少し弱いと思います」




ものすごく納得しました。




そして、こういったコミュニケーション力を伸ばすのはまず、「親子関係をきちんと作る」ことが一番大切な事だとご指導を受けました。




先「今、オトくんを見ているとお父さんとお母さんが大好きで、一緒に遊ぶのが楽しくて仕方がないようです。それはとても大事なことで、これからもっともっとそれを深めていく事が、オト君のコミュニケーション力を伸ばす力になります。オト君と一緒になって、いろいろな遊びをやり取りしてあげて下さい。きっとオト君は伸びていきます。」




この時、改めて私はオトと一緒に楽しみながら、いろんな遊びを時間のある限りやっていこう!と思いました。




もう、オトが自閉症であるとかないとか、そういうことを神経質にあれこれ考えるのではなく、私が心から楽しんで彼と向き合って遊んで学んで行こう、と心に決めました。



診断を受けた帰り道、旦那はいつもと変わらない様子でいました。もともと旦那は冷静な人物なので、こういう時は頼りになります。




旦那「診断を聞いて、とても納得したし、これからの方向性が見えたね。出来る限り俺も手伝うし、オトが一番伸び伸び育っていけるようにしていこう。あ、それからこのところのニコを見ていると頑張りすぎてるな~って思うから、頑張りすぎて潰れてしまわないようにしろよ。それが今一番心配かも。」




と、普段はあまり聞かない優しい言葉も聞けて、感謝の気持ちでいっぱいになりました…





そんなこんなで、これからオトとアニと旦那と私。4人でのオトの療育大作戦が始まります!


EDIT  |  21:59  |  診断  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

非定型自閉症という言葉は私も始めて聞きました。親子の信頼関係というか愛情がとても大事だというのは私も自閉症の本で読んだことがあります。…なので、息子にはなるべく愛情一杯で接するよう心がけています。それから、旦那さんはとても優しいかたですね。
orecite |  2007.06.11(月) 23:08 |  URL |  【コメント編集】

oreciteさん>こんばんは^^そうですね。親の愛情こそが子供を伸ばす最大の力なのかもしれませんね…。今まで以上に、今日はそれに気がつきました。

あはw旦那は普段はクールなんですよ。でも今日は頼もしく感じました。
oreciteさん、いつもコメントありがとうございます。励みになります!
ニコ |  2007.06.12(火) 00:01 |  URL |  【コメント編集】

我が子もK式受けました。
その結果をアップしましたので参考になれば。。。
今月、2回目の検査があります。
やはり、親子の信頼関係が大切のようです。
体を使う遊びもいいようです。
自分の体ををコントロールする感覚を養うのがいいのか?
KOMA |  2007.06.13(水) 12:32 |  URL |  【コメント編集】

KOMAさん>こんにちは。早速お邪魔させていただきます!やはり親子関係はとても大切なのですね。そういえば、療育教室で親子のリズム体操が結構組み入れられているのですが、やはり「体を使う遊び」「お母さんとの一体感がわかる遊び」などは子供の情緒にいいのでしょうね。
ニコ |  2007.06.13(水) 12:50 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは。非定型自閉症って聞きなれない言葉ですね。私だったら「どういうこと?自閉症なの?そうじゃないの?」ってパニックになっちゃいそうです(^^;)

でも自閉症かどうかということに神経質にならずに心から親子の関係を楽しむというのはとても素敵な心がけだと思います。
しー |  2007.06.13(水) 13:43 |  URL |  【コメント編集】

しーさん>うんうん、そうなんですよ。「どっち??どういう解釈をしていいの??」って実は帰ってきてからも少しだけネットで調べたりしちゃいました(笑)でも、そのうち、「オトが自閉症だろうが自閉症じゃなかろうが、いろいろ考えているこの時間がもったいない!この時間をオトとアニとの時間に使おう」って思い直しました。

いつもブログ拝見しています。これからもしーさんのブログ楽しみにしていますね^^
ニコ |  2007.06.13(水) 16:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。