2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.04 (Fri)

アニ、平和主義?!

アニ、幼稚園はとても楽しい様子。なのですが…



最近、こんな報告をしてくるようになりました。


アニ「今日ね、アニがお外(園庭)で遊ぶ時間が終わって、お教室に帰ろうとしたら、AくんとBくんが

アニくん、教室かえれんくしたるわ~

って言って、二人でアニを引っ張ったの~、それでお教室に帰れなくなって、アニ泣いちゃった~

【More・・・】

AくんとBくんの二人は、アニのクラスでも「やんちゃ」でひときわ目立っている存在。今までも、他のクラスメイトをケガさせた報告を何度も聞いた事があります。



そのAくん&Bくんと事もあろうに、アニは席がえでなんと「同じ島」の3人になったんです。う、運が悪いのか…;;



でも、アニは結構二人とも激しいトラブルもなく、今までそつなく(って言うのかな?)お付き合いしていたようなのですが、ここ最近、Aくん&Bくんネタを私に報告する回数が多くなってきました。





アニ「今日ね~、Aくんがアニの顔を手で、バンバンバンバンって何回も叩いたの~。でもアニ泣かなかったよ~



私「え~~~、アニ泣かなかったのか、偉かったね~。痛かったのに我慢したの?」



アニ「うん、我慢したの、泣かなかったよ~」



私「そういう時は、Aくん、痛いからヤメテ!って言った方がいいよ~。何も言わないとまた同じ事されるよ~」



アニ「…うん、痛いからヤメテ、って言うの?」



私「そうそう、Aくん、顔を叩くと痛いからヤメテ!、って」



アニ「えっと、…Aくん、痛いから、やめて!」



と、予行練習を始めるアニ…。そんなアニを見ると親としてはちと切ない…・゚・(ノД`)







そして、一番最新では


アニ「今日ね~、アニが一生懸命作ったブロックのお城をAくんが足でガンガンってやって壊したの~Aくん悪いよねえ~~~!」



それだけ言うと、アニはそのまま折り紙の工作を始めてしまい、詳しくは聞けずでしたが…





しっかりと状況をお話できるアニのお友達のお母さんと仲良くしてもらっているので、それとなくそのお話をしてみたところ、その後のアニやAくんがどうなったかを教えてもらう事ができました。





お友達ママ「なんだかAくんの話は、うちの子から話が良く出てくるんだけどさ~。そのお城壊れた事件も聞いてるよ~!お城が壊れたあと、アニくんがワンワン泣いていたから、うちの子ともう一人のお友達で、先生に言いに行ったんだって。そしたら、先生がAくんの事、めっちゃくちゃ怒って、事務所にその後連れていかれたらしいよ、Aくん。なんだか、Aくん、その件以外にも、先生に叱られてよく事務所に連れて行かれるらしいわよ~~。」




え!ワンワン泣いたのかい、アニくん そんな事は一言もお話せずにいたけど、やっぱり親を心配させまいとしているのかしら…、と私の心は揺れましたよ。






うう~む…あまり、大げさにしないように、それとな~くアニに喋りかける私。



私「ねえ、アニ。お城作ったの壊されちゃった時とか、Aくんに嫌なことをされた時に、アニはAくんにやめてほしいとか、何か言ってみた?」



アニ「ううん。いわないよ~。」



私「Aくんに、すごく嫌な事をされたら、アニすごく悲しい気持ちになるよね」


アニ「うん。バンバンって叩かれたりすると嫌だよ~」


私「そうだよね~。そういう事があんまり続いたら、同じ事をされたら嫌でしょう、って言って少しだけ同じ事をAくんにしてみたら?」


なんだか、やられっぱなしで、いい様にされている気がして、思わずそんなアドバイスをする私。





アニ「え~~~、でも、バンバンって叩いたら、Aくん泣いちゃうよ~~。可哀想じゃない」





おおおおう;;ア、アニよ…ヽ(ヽ゚ロ゚)



は、母は、ハハは…



なんてヒネクレタ大人なんだろう( TДT)



このアニの平和的な発言に、少々自分を反省した私(;´д⊂)



でも、でもなあ…。泣いているアニを想像すると、親としてはやっぱり切ないのよねぇ…はううぅ。。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←親の心配をヨソに、幼稚園大好き!と先ほども言っているアニであります。結構打たれ強いのカシラ?!
EDIT  |  17:59  |  グレーゾーンなアニの日記  |  CM(10)  |  Top↑

*Comment

♪デジャヴ・・・?

アニくん、まるでのび太の幼稚園時代を見ているようだわ。
そうなのよ。
「いや」「やめて」って言う言葉が「全否定」されているように感じるのか、
言われるのも嫌だし、相手に言うことも出来ないし・・・
のび太なんか叩かれても相手が楽しそうに笑ってたりすると、
一緒に笑ってるんだよね。
で、あとから「本当はすごく嫌だった」って号泣したりして・・・
この辺がこういう子の難しいところですよね。
親としては「嫌だ。やめて」って言わないままに、されるがまま嫌がらせされてる息子を想像しただけで辛いし切ないし・・・。
先生も100%見ているわけじゃないし、だから子供に話を聞こうとしてもイマイチ???だし。

いつも嫌なことをされている方ばかりが、
「こういうときは『いや』って言わなくちゃ」って言われるのもなんだか腑に落ちないし。

だけどね、そのA君がめちゃくちゃ叱られているのもかわいそうな気がするな。
もちろん、いけないことをしたんだから叱られても仕方ないけど、
他の子にもわかるようにきつく、いつも叱られていたら逆効果だったりすることもあるんじゃないかな?
叩いたあと叱るより、叩かない、嫌なことを言わない、という約束をきっちりさせて欲しいよね。
先生の対応も重要だと思います。
かといって、こちら側からそういうこともなかなか言いづらいし。


あああ・・・それでも幼稚園大好き!って言うところまで、のび太そっくりですぅ~
まっぷー |  2008.07.04(金) 19:33 |  URL |  【コメント編集】

♪反対です

子供は痛い思いをさせる為に暴力を奮うので無く、反応が欲しいのです。
アニ君はお母さんに良い子でいたいのでしょうね。
白隠禅師が「思うが侭にするぞ良き」と言っていますが、色々教化しない方が良いのではと傍目で思ってしまいます。
平和とか大人の価値で色々と教えるのでなく、自身を確りと自覚させるのが目標なんだと思います。
頑張って下さいね。
Hbar |  2008.07.04(金) 21:41 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさん>おはようございまっす^^コメントありがとうございます!

なんかね、のび太くんに似ているって聞くだけで、とっても安心する私がおります^^のび太くんみたいに、素直で優しい子供になって欲しいな~っていつも思っているので、なんだか嬉しいです。

>先生の対応も重要だと思います。

うんうん。Aくんは怒られ慣れをしている可能性がありますよね。いつもいつも叱られているから、「叱られる」ことで反省を素直にする、という感覚が薄れているかもしれないですね。先生としても、しっかり叱らなければという立場があるし、アニのクラスの先生はなりたての新米先生なので、対応に不慣れなところがあるのかもですね…。一生懸命やってくれているようではあるんですけどね…。Aくんに本当に伝えたい事、わかって欲しい事を伝える為にはどんな対応をすればよいのか…、そこが大事だと思います。案外子供同士の間でAくんもひょんな事から学んでいったりするのかもしれませんね。

いろいろ心配していてはいたのですが、「幼稚園、すんごい楽しい~^^」「幼稚園早く行きたい」というアニを見ていると、いろいろあるけどそういう経験もとっても大事だし、親が心配しすぎることもないのかもなあ、とも思ったりします。Aくんとも、楽しく遊ぶ日もあるみたいですし、Aくんの良いところをわかっているのもアニ自身なんですよね、きっと。
ニコ |  2008.07.05(土) 11:04 |  URL |  【コメント編集】

Hbarさん>おはようございます、コメントありがとうございます。

>子供は痛い思いをさせる為に暴力を奮うので無く、反応が欲しいのです。

そうですね、その通りだと思います。Aくんもきっとそうなんだと思います。
アニは昔から人を叩く事自体に「不安」を感じるのか、あまり暴力はありません。教えた記憶もないので、もともと持っている性格なのかもしれませんね。

どんな風に、子供にいろいろな事をアドバイスしていけばいいのか、迷いながらの子育てです。私も日々反省&精進の毎日です。子供に教えられる事も多いですね。
ニコ |  2008.07.05(土) 11:09 |  URL |  【コメント編集】

♪アニ君、偉いです!!

こんばんわ。先日の私の投稿へのお返事、ありがとうございました。同じ悩みを持って、私の少し先を歩いていらっしゃるニコさんのコメントは、ホントに心を癒してくれます。悩んだら、また投稿させていただきますね。

それにしても、アニくん、偉いです!!私は実は幼稚園の教員なんですが、アニくんみたいな子が私のクラスにいたら、みんなの前で褒めまくりますよ!!でも、ニコさんにしたら叩かれたり、嫌なことをされたと聞くのは本当に切ないでしょうね。私でさえも読んでて切なくなりました。本当にAくんと楽しく遊べる日が来るといいですね。

まっぷーさんへのコメントに書かれているように、アニくんはAくんの良さも知っているんでしょうね。アニくんのようにAくんのよさに先生が気づいて、そこをしっかり褒めてあげてくれたらAくんも変わる気がするんですけどね・・・。人に乱暴したりいたずらしたりする子って自分を見て欲しいって子多いと思うんです。だから、Aくんの悪いところは叱るとしても、その倍以上、良い所を褒めてあげて欲しいです。そしたら、きっと変わってきてアニくんにとって大事なお友達がまた一人増えるのに・・・。Aくんってひょっとしてそんな優しいアニくんに憧れてるのかもしれませんね。だから、しょっちゅうちょっかいを出してしまうのかな?どうしたら楽しく一緒に遊べるかを教えるのも先生の役目だと思います。とはいえ、先生に進言するわけにもいかず、心配はつきませんね。けれど、ニコさんがAくんに対してとてもおおらかなコメントを書かれているので、きっとその思いがアニくんに伝わってあまり神経質にならずに幼稚園楽しいって言えるのかもしれませんね。やっぱりニコさんは凄いです!!
テディベア |  2008.07.06(日) 00:57 |  URL |  【コメント編集】

おはようございますv-278
わぉ!!アニくん、アヤカの小さい頃にそっくりかもv-405
アヤカも、「やめて」「だめ」「いや」をお友達に対して
一切言えない(言わない?)子でした。
平和主義で、来るもの拒まず、お友達に手をあげることなんて
ありえない、そんな子で、
それがアヤカの長所だと思いつつ、
やられっぱなし、とられっぱなし、順番ぬかされっぱなしの
わが子に、
せつない思いを何度も抱きました。
時に、ホント、アヤカにおとな気ないアドバイスしてみたり(笑)。

だけど以前はね、そんなAくんのようなタイプの子に対して、私自身が
なんなんだーーって思ってしまっていましたが、
なんと、なんと、我が長男くんが、2歳過ぎまで
まさに、
人のものを、横取り、壊す、順番抜かし、挙句に手がでる・・・と
Aくん側のタイプの子であったため、
そっちでも、やっぱり、せつなさと苦しさの連続でした。

やる方も、やられて「NO」と言えない方も、
どちらの親もせつないですよね。

幸いソウは、療育やら幼稚園で、いい先生と出会い、
今ではすっかり他害はなくなりました。
アヤカは相変わらずの平和主義ですが、いい友達やらいい先生との出会いの中で、それなりに楽しく過ごしているようです。


アニくんは、何よりニコさんという強力な理解者がそばにいるから
きっとこれからも楽しく優しくすごせることだと思います。
それでも、やられるアニくん、そしてそんなアニくんの姿を見る
ニコさんはしばし、お辛いでしょうね・・・v-356
だけどきっと、そんな部分はアニくんの長所となっていくのではないかなぁ。

願わくは、Aくんにもステキな理解者と適切な指導でいい方向に導いてくれる大人がそばにいてくれたらいいですね・・・・。

ちょびっと |  2008.07.06(日) 07:32 |  URL |  【コメント編集】

あーうちのゆうも同じです、やっぱり「やめて」とか言えないようで。
先日幼稚園に用があって出かけたときに、たまたま他のお友だちに引っ張られたりこづかれたりして泣いてしまったのを目撃してしまったんです。
帰ってきてからさりげなくその時のことを聞いてみたら
「もう、その話はしないで!」と言われてしまいました。
やっぱり親には知られたくないと思っているのかしら。
泣いてる姿と共に、親には言わないでおこうと思う気持ちが切ないですよね。

でもゆうの場合は逆にお友だち…というか年下の子をぶってしまうこともあるようで。
ぶたれたらいやだという気持ちはあるようなのですが、そこから、お友だちもぶたれたらいやなんだ。というとこに、まだ結びついてないんですよね。

アニ君、相手のことも考えてあげられて、すごく偉いと思います!
相手もぶたれたら痛いということ、そしてそれが可哀想だと思えること、本当に優しいですよね。
じぶ |  2008.07.06(日) 11:39 |  URL |  【コメント編集】

テディベアさん>こんにちは^^コメントありがとうです!

>Aくんのよさに先生が気づいて、そこをしっかり褒めてあげてくれたらAくんも変わる気がするんですけどね・・・。

Aくんがやんちゃをするのは、自分を見てほしい・かまって欲しい、というサインなのかもしれませんね。それを考えると、悪い事をする=叱られる だけに直結ではなく、テディベアさんの言うように、Aくんの良いところをを沢山「褒めてあげる」という、いつも経験することのない(っていったら言い過ぎかしら…)嬉しい経験をする事によって、Aくんが変わっていくような気がします。すごくテディベアさんの意見に頷きながらコメントを読ませていただきました。

先日は、幼稚園に出向く機会があったのですが、アニは「Aく~~ん^^」と言って、Aくんと楽しそうにふざけあっていました。やっぱりAくんにはアニにしかわからない魅力があるのでしょうね~。たまには記事に書いたような事もあるかもですが、親が心配するよりも、子供同士って良い所もわかりあっているのかもしれないなあ、なんて思いました。
ニコ |  2008.07.06(日) 11:53 |  URL |  【コメント編集】

ちょびっとさん>こんにちは^^いつもコメントありがとうございます♪

おお、アヤカちゃんに似ているんですね!優しい素敵な女の子のアヤカちゃんに似ているって言われてすごく嬉しいです^^確かに、やられている話を聞くと親としては切ないところもありますが、それがアニの長所だとも思うので、心配しすぎることなく、大らかにみてあげていこうと決意しはじめています^^

ソウくんは、素敵な先生と出会って他害がなくなったんですね。ソウくんを肯定してくれて、良いところを沢山見つけて褒めてくれる先生だったのかな。「叱られる」「怒られる」「否定される」よりも、「認めてあげる」「褒められる」「肯定される」事によって、Aくんも変わっていくような気がしてなりません。北風と太陽のお話を少し思い出しました。北風では、根本的な解決にはならないのかもしれないですね…。

アヤカちゃん、ソウくん、二人のお子さんを育てているちょびっとさんのお話、とっても参考になります。いつもありがとうございます^^
ニコ |  2008.07.06(日) 12:06 |  URL |  【コメント編集】

じぶさん>こんばんは^^コメントありがとうございます!

え~~、直接そういう現場を目撃しちゃったんですか?!その時のじぶさんの気持ちを考えると、ちょっといたたまれませんよ~;;私だったら、怒りと悔しさと子供を心配する気持ちでごちゃごちゃになって冷静でいられません、きっと!「その話はしないで!」って言ったゆうくんの気持ちも、これまた親としてはすごく苦しいですよね~;;でも、もうこんなに小さいうちから「親に知られたくない」「言いたくない」という気持ちが芽生えているんですよね。ほんとに繊細でガラスみたいですよね。あんまり深く追求すると子供の気持ちとしても嫌だろうし、でも親としては心配でついつい聞いてしまうんですよね~;;

ゆうくんもアニも、幼稚園のお友達と沢山いろんな経験をして、成長をしていくんですよね。いろいろと心配な事もありますが、冷静に見守れる親になれるように頑張ります!
ニコ |  2008.07.06(日) 21:05 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。