2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.05.19 (Mon)

『会話』についての疑問

オトとはまだ会話が成立した事がありません。



早くオトと会話がしてみたいな~、と思うにつれ、会話が成立するという事まで辿り着くには、頭の中でどのような回路が働いているんだろう、という疑問が浮かんできました。



オトの発語・言語理解の現状は(3歳4ヶ月現在)

①単語・名詞を聞いて覚える。「これ何?」とこちらが質問すると、名詞(単語)を答える事ができる。

②2語文で自分の気持ち・その場の状況を伝えることができる。(調子がいいと3語文が出る)

③親や幼稚園の先生が言っている指示は殆ど理解している。(こちらの指示に従えるので)

④テレビの模倣・人の模倣などは好き。テレビ番組の台詞など覚えるのが好き。




①…会話をするにあたって、いろいろな名詞を記憶して答えることができる事はスムーズな会話をするにあたって、基本的で大事な事だと思います。オトはまずはこれは出来ていると思います。

②…自分がいいたい事を一方的でありますが、伝えられるようになっています。

③…会話をするにあたって、相手が言っている言葉を理解する事は、最も重要な事ですよね。オトはこちらの指示などには従えてはいます。


④…かなり忠実にテレビの台詞を覚えていて(声のトーンまで真似る)、アニと一緒にお芝居ごっこをやっています。(発達障害傾向のお子さんはテレビの台詞を覚えるのが得意のようですね)

当然台詞は丸覚えなので、アニとやりとりしているとはいえ、これもやはり会話になっているとは言えない状態です。
でも、会話は「人が話していることのマネ」から入っていくのもありえると思います。なので人の模倣が上手に出来る事も会話をする事に大きく貢献すると思うのですが…





会話になるまでの流れって

相手が自分に対して話をしている事に気がつく→相手が言っている事を理解する→自分の意見を頭の中でまとめる→自分の意見を述べる

これが、簡単な流れですよね。じゃあ、オトはどこでつまづいているのだろうと考えると…。結局「相手が言っている事を理解する」が出来ていないのかなあ…。③を見る限り、こちらの指示には従えているので大丈夫なのでは?!って思うのですが、実際は会話ってそんなに単純なものではないのかなと思うんです。

両親の指示や先生の指示って、毎回決められた事が多いですよね。なので、指示には比較的スムーズに従えるのだけれど、会話は求められている答えが多種多様なため、思考回路が対応できていないのかな、って思うのですが…どうなんでしょう?わからない言葉で話しかけられて、頭の中で軽くパニックを起こしているとかもあるのでしょうか。私がオトに何かを尋ねて答えを求めたりすると、固まっていることがしばしばあるので。


幼児が徐々に会話が出来るようになっていくための過程って、「パターン化された内容の会話」から始まる事って多いのでしょうか?それを繰り返していくうちに「会話のリズム」を掴んでいって、そのうちに自然にいろいろな会話が出来るようになっていったりするのかな~??





ちなみに、アニは幼稚園に入園するまで、よくよく振り返ってみたら「会話」って出来ていなかったような気もします…。2語文・3語文が出たのは遅くなかったので気にもしませんでしたが…。2歳後半などは殆どオウム返しされてた記憶があります。4歳10ヶ月現在は、それなりに会話が出来るようにはなっていますが、年中になっても未だに、アニの会話に「???」は多いです。

それでも幼稚園に入ってから、徐々に自分の頭で自分の意見をまとめて返事を返す事ができてきたように思うので、時期がくれば自然に会話ができるようになるのかな、と楽観しちゃったりもするのですが…






う~~~ん。こうしていろいろ考えていると『会話ができる事』ってすごいことですよね~。しかも大人になるにつれて、ただ会話ができるだけでは駄目で、相手の気持ちを考えて言葉を選んで会話ができるようになっていかなければならないですものね…。これは修行が必要ですなぁ…(私も昔よく失言した経験がありますし…)


でもでも、オトと始めての会話はどんな内容なのかな~って今から楽しみでもあります。



今回は「疑問」が多い記事でスミマセンでした


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←とっても励みになっていますヽ(´ー`)ノ
EDIT  |  09:03  |  オトの自閉度分析  |  CM(10)  |  Top↑

*Comment

私ものび太と会話が出来るようになって数年ですが、
「うん」(うなずく)「ううん」(首を横に振る)という自分の理解度を表現できるか出来ないか、ここが境目だったような気がします。
それまでは大分、意思疎通できるようになって、
「わかった?」の問いに「わかった」と答えていたことで、
「理解したんだ」と思ったりしていましたが、
それって単なるオオム返しの場合の方が多かったかも。
だから1,2歳の子でも、コクンとうなずいたり、「イヤイヤ」と首をふったりすることって、すごいことなんですよね。
のび太はそれが出来なかった。
で、それが出来たとき(いつ出来たんだろう・・・?お友達の様子から会得していったのかな?)本当の意味で「会話」も成立し始めてきたような気がします。
まっぷー |  2008.05.19(月) 10:24 |  URL |  【コメント編集】

まっぷーさん>こんにちは~^^いつもコメントありがとうございます!

記事を書きながら、実はまっぷーさんの言われている

>「うん」(うなずく)「ううん」(首を横に振る)という自分の理解度を表現できるか出来ないか

についても書こうとしたんですよ~!まさにまっぷーさんと一緒で、オトに「ママの言ったこと、わかった?」と聞くと、必ず「わかった」って言うんですけど、あれはオウム返しなんです。自分の頭で「そうだ」「それは違う」って考える事がまだ出来ていない状態なんですよ。一方的に「いや!」「やる!」とは言うんですけどね~…。こちらの問いかけに対しては、いつも「わかった」ですね;;

なので、それを自分の頭で考えて、意見が持てるようになるまでは会話は無理ですよね~。自然に出来るものと思っていましたが、会話って考えてみると高レベルな事なんですね~。
ニコ |  2008.05.19(月) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは~~♪
記事を読ませていただいて、ほーーーんとに、オト君と我が息子は似てるなぁ・・・って思いました。言葉の理解度とその割りに会話になりにくいっていうところはまさに一緒です!
うちも、自分の思いや行動は文章でしゃべれているのに、こちらからの問いかけになると「???」のことが多いです。でも、本当に少しずつだけど、最近会話になることが増えてきました。

以前、発達テストの時に、「なぜ会話にならないんでしょう?」って心理の先生に聞いたら、ソウは聴覚に過敏なところがあって、耳からきいた単語を覚えることにはとてもたけているんだけれども、それは外からの言葉が耳に入ってくるだけで、相手が言っていることの意味を頭の中で理解して答えを考える、という「処理の作業」が出来ていないからだ、と言われました。
この「処理の作業」、きっと、定型発達の子には、そう難しい作業と言うわけでなく、自然に身についていくものなのでしょうが、わが子の場合はそれが認知力の問題なんかも絡んできて、なかなかうまくいかない。そんな具合なので、こちらからの問いの言葉をそのまま答え返す「オウム返し」があらわれたりするんだ、と言われました。

最近はオウム返しはなくなってきて、こちらの問いに対し、一生懸命なにやら考えるようになりました。結果答えはなく「???」となることが多いのですが、それでもこちらの問いかけを、一旦頭の中で処理しようとしているってことなので、きっとこれは大きな1歩なんだろうなぁと思っています。

他の子たちが、成長の上で、がーーーっと、坂道を駆け上るように突然できるようになったりすることが、わが子には、この「会話」においても、ゆっくり階段を昇るペースでちょっとずつの成長具合なんだけど、だからこそニコさんの言うとおり、いっぱい会話ができるようになるであろう「いつか」がすごく楽しみです♪

ちょっとトビずれなんですが、以前の記事のことなんですが(コメントしそびれちゃいました!)アニくんの絵、むっちゃ上手ですね~~~。いい絵たちだなぁ~~って感動しました。
ちょびっと |  2008.05.19(月) 13:33 |  URL |  【コメント編集】

ちょびっとさん>こんにちは、コメントありがとうございます!!

も~~~ほんと、そうなんですよ!「こんなに単語・名詞を覚えているのに、なんで会話ができんのだ?!」って不思議になるんです。なるほど、「処理の作業」がスムーズに頭の中で出来ていないからなんですね~。じゃあ、「オウム返し」をしているのも、その間に自分なりにいろいろと頭の中で考えているって事なのかもですね~。

オトはアニほど「オウム返し」が酷くなくって、たまに見られるくらいなんですけど、アニは前にも少し記事にしましたが、「オウムか九官鳥か」ってくらい酷いオウム返しの時期が2歳後半から3歳前半まであってとっても心配しました。

で、オウム返しの状態が続いているまま幼稚園入園したんですけど、しばらくして気がつくと、オウム返しが激減し、またしばらくすると会話が徐々にできるようになってきたのを思い出しました。
なので、オウム返しも成長の一過程として見守るべきなのかな~とも思います。でもでも、ソウ君とオトってホントに成長の過程が似ていて驚きです~!今回の会話についてもいろいろと教えていただいてありがとうございます。「なんでだろ、なんでだろ…」って結構考えてしまっていたので。

そうですね!徐々に階段を上った先の子供の成長振りを見るのが楽しみですね^^ありがとうございましたヾ(*^。^*)ノ
ニコ |  2008.05.19(月) 14:07 |  URL |  【コメント編集】

♪読み聞かせで十分

幼児用の物語を手当たり次第に読み聞かせたので充分では無いでしょうか。
のび太君事態内面では一生懸命発達できていると思いますよ。
言葉が自由に操れるのは難しいのです。
焦らず、自然な発達を待ったのでは如何ですか。
のび太君が好きな物語は暗誦するまで読んで上げたら良いですよ。
Hbar |  2008.05.19(月) 18:33 |  URL |  【コメント編集】

Hbarさん>こんばんは、コメントありがとうございます。

そうですね、読み聞かせはとってもいい事だって聞くので、できるだけ読んであげたいと思います。幸運にも歩いて数分の場所に図書館があるので、興味のありそうな本を借りてきては読み聞かせしています。出来るだけゆっくり、気持ちをこめて読んでいます。私も日々「いかに面白く伝わるように読めるか」を考えて、読み人として精進の日々です(笑)

オトは幼稚園に入園してから、親の私から見ても少々びっくりするくらいの成長をしているので、このまま自然な発達を待とうとも思えるのですが、やっぱりオトと「会話」が出来る日が楽しみで仕方がなくて、たまにその事について考えちゃったりする私であります。
ニコ |  2008.05.19(月) 19:19 |  URL |  【コメント編集】

♪はじめまして!

4歳自閉傾向のある男の子の母です。

うちの子とオト君似ています。
うちも言葉を知っている割には会話につながりません。

保育園に通い始めて2ヶ月くらい過ぎた頃から鸚鵡返しが始まり
最近は鸚鵡返しもなくなり、たま~に簡単な会話につながるようになりました。

やはり集団の効果ってすごいな~って思います。
保育園入園の頃なんて親としか意思疎通が出来なかったんです。


私も早く会話をしてみたいって思いますよ^^;
あせっちゃいけないとわかりつつ・・・。

まさに、「這えば立て、立てば歩けの親心」です。

ゆっくり見守るのもなかなか親だと難しいですね。



ぽけママ |  2008.05.20(火) 10:15 |  URL |  【コメント編集】

ぽけママさん>こんにちは~^^ブログに遊びにきてくださってありがとうございます!先日は弟さんの記事でとっても心を強く持てました~^^

そうですよね~!集団の力ってほんとにすごいヽ(ヽ゚ロ゚) もしオトの入園を後一年延ばして、未だに私と一緒に過ごしていたらここ2ヶ月の成長はなかったと断言できます。私が教えられる事にはやはり限りがあって、周りから受ける刺激は何にも変えがたい成長の糧なんですね~。

>私も早く会話をしてみたいって思いますよ^^;
あせっちゃいけないとわかりつつ・・・。

ね~^^やっぱり、わかっちゃいるけど私もそうですよ~。なので今回の記事のような事をたまに考えている自分がいるんですよね。
「喋り始めると、うるさくって~。喋らなかった頃が一番可愛いよ~」なんて良く聞きますけど、やっぱりオトとの会話を夢見てしまう私なのであります(苦笑)

ご訪問、嬉しかったです!まったり更新のブログですが、また是非お立ち寄りください~^^
ニコ |  2008.05.20(火) 10:44 |  URL |  【コメント編集】

♪欲張らない事。

成人する頃に「俺ルール」ができれば大成功です。
兎に角、辛抱強く粘り強く対応して下さい。
私の書いてある事は難しいかもしれませんが、子供の為ですから無欲で頑張って下さい。
応援致します。
Hbar |  2008.05.22(木) 22:00 |  URL |  【コメント編集】

Hbarさん>ありがとうございます(*´∀`)
ニコ |  2008.05.23(金) 09:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。