2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.28 (Mon)

遠い遠い小さな思い出~自分への印

お風呂に入っていて、突然、昔の思い出がフラッシュバックしてきた。


父の思い出だ。



先日、父の身にある出来事があって、父の事を考える時間が私の中で出来た。それがきっかけだったのかもしれない。



他の人が聞けば、他愛もないような小さな昔の出来事。




小学生の頃の思い出が一つと中学生になってからの思い出が一つ。



二つの出来事を私はしっかりと覚えている。父は完全に忘れているかもしれないが…

【More・・・】

最初の思い出は小学生の時の事。私はたしか6年生だったと記憶している。



私は、中学受験をするためにある塾に毎週通っていた。




その塾は、毎週「全国学力テスト」を行っていた。テストで上位に入るため、私は一生懸命勉強していた。毎週毎週、塾の先生から渡される「全国順位」。いつかここに名前が載りたい。自分の努力が目に見える形で現れるシステムに、私は頑張って勉強をしていた。




自分自身も努力が報われて嬉しいし、何よりも両親が喜んでくれる。周りの人に自分の努力を認めてもらいたいという気持ちも当然にあった。(小学生の頃なんて、自分の為に勉強するというよりも、周りの人をびっくりさせたい、みたいな感覚の方が強いような気がします。ていうか、私はそうでした…)




その週も、順位表が手渡された。今回は自信があった。この順位表は

・4教科の総合順位(算数・国語・理科・社会)

・2教科の総合順位(算数と国語)

・個別教科の順位

に分かれていた。


私はその週の順位表の「2教科部門」で全国で15~16番(前後だったと記憶している)に自分の名前を見つけた。その塾は全国展開の塾だったので、なかなか今まで順位表に載る事ができなかったのが、いきなりの高順位。私は有頂天になった。


(やった、努力が報われた。お父さんとお母さんに帰宅して早く見せたいなぁ~~。なんていうだろう。驚くかな、すごく喜んでくれるはず。とにかく、早く帰りたい。どんな風に見せようかな~。あんまり嬉しそうな顔をするとすぐに両親にわかっちゃうから、なるべく普通の表情で、「はい、これ」って自然に渡して見たりして…)


そんな事をいろいろ考えつつ、私は胸をおどらせながら、両親の待つ家に帰った。




ドキドキしながら、家で帰りを待っていた母に順位表を見せた。その時の会話、完璧ではないけどだいたい覚えている。


母「よかったね~、これって2教科の順位だっけ」


私「うん、そうだよ!ここ、ここに載ってるの」


母「ほんとだ、○○さんも載ってるね、この子いつも載ってるよね」



…褒めてはもらえたが、案外あっさりしていた(苦笑)

そして、母が順位表を父に見せた。


私「お父さん、私の名前、ここ、ここに載ってるんだよ~!」


父「どこだ?」


私「ここ~!」


父「ほんとだな。」


父は、母から手渡された順位表をそんな会話を交わしながら見ていた。


父「なんだ。総合の方には載ってないな。」


私「うん、2教科の方しか載ってないよ」


父「なんだ、この理科の点数。酷いな」


私「…」


…確かに、理科だけ異常に悪い点数だったことを記憶している。


父「おい○○、(母の名前)理科はどんな勉強の仕方をさせとるんだ!あまりにも酷いぞ!!」


私「……」


父「何が出来なかったんだ。どんなテスト問題だったんだ理科は!!理科を見せてご覧!!」


理科の出来の悪さに、父はかなり腹を立てて私を怒った。2教科の順位がどうこうなんて、もうすでにどこかに置き去りだった。






……


すごく喜んでくれるはず、すごく驚いてくれるはず、すごく褒めてくれるはず。


それがその逆に「怒られた」私。思ってもみない展開だった。


とにかくとてもショックだった気持ちだけを覚えている。だから、30歳すぎた今でもこんなに鮮明に覚えているんだけど。








こんな風に、良く出来た事・努力した事を認めてもらえずに、悪い所だけを責められた子供の気持ちは、この時の私の時のように、深く傷つく可能性がある。

自己評価も下がる。

父に2度と順位表なんか見せるものかと思った自分の記憶から、こういった場合、親との信頼関係も崩れる。

それに、「よし、出来なかった理科を父の言うとおり、益々これから頑張ろう」なんて、思えますかね?これで?逆にやる気が削がれる。





そして、何より大事なのは『子供はこんな小さな出来事でも、深く傷つく』という事だ。こういう出来事の積み重ねによって親と子の関係も変化していく。とっても繊細なのだ。








そう。この思い出は自分への「印」でもある。


親になった自分。アニやオトの良いところを沢山褒めてあげよう。努力した事を心から褒めてあげよう。出来ないところを見つけても、頭から否定するのは止めよう。


これは私のあの時の思い出から学んだ大事な事。






あの時


「すごいな、ニコ!!こんな順位でお父さんびっくりした^^頑張ったな~。」


と、まず良かった事を手放しに褒めてくれて


「今回は理科が足を引っ張っちゃったけど、こんなに2教科で頑張れるんだから、次は頑張りなさい」


という言い方だったら、どんなに違っただろう。全く私の気持ちは変わっていたと思う。というか、こんなに長い間の記憶として覚えてもいないだろう…。とても傷ついた父の態度だったから、未だに記憶として残っているんだから。



こんな小さな出来事、父は完全に忘れているんだろうなあ…




もう一つのお話。中学生の頃の思い出も書こうと思いましたが、長くなっちゃったので、続きはまた次回に……


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←とっても励みになってますヽ(´ー`)ノ




EDIT  |  01:15  |  ニコの日記  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.04.28(月) 10:39 |   |  【コメント編集】

10:39分の秘密コメントさん>ありがとうございます^^そちらにコメントのお返事をしましたので、読んでくださいね!
ニコ |  2008.04.28(月) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

お父様は、とてもニコさんに期待していらっしゃたんですよね。
そして、その期待に必ず答えてくれる子だと、我が子を信じてみえたのですよね。
時には、それが重荷となったり、誤解を招き傷つけてしまったりと、親子ってのは、昔も今も近ければ近いほど、見えないものがあったりして、事を難しくしてしまうのかもしれませんね。

でも、そんな経験をして、ニコさん自身がお子さん達に対する接し方を、学べたわけですから、傷ついた分、やさしさを得たのではないでしょうか。

私自身も、学べたお話でした。
感謝です。
yume |  2008.04.28(月) 18:13 |  URL |  【コメント編集】

yumeさん>こんばんは^^いつもコメントありがとうございます。

そうですね~、期待する気持ちがそうしたのかもしれませんね。大人になった今では、そんな風にも受け止めてみようとする余裕も出てきたかもしれません。私が親の立場だったらどんな対応をしただろう、とかいろいろと冷静に考える事もできます。

もし、この経験がなかったら、私も父と同様な失敗をしていくことになっていたかもしれません。それを考えると、マジで私がこの経験をしたことは、マイナスな経験ではなかったと思っています。

自分が子供の頃の気持ちって、少しづつ忘れていってしまうものじゃないですか。でも、こういう経験をずっと覚えている事によって、「子供の頃の繊細な気持ち」を覚えているんですよね。だから、小さな出来事が子供にとって大きな影響を与えるって痛感しているので、これからの子育てに、その経験を生かしていきたいと思っています!
ニコ |  2008.04.29(火) 00:32 |  URL |  【コメント編集】

♪あるある!

私は、記憶力が悪くて、小さい頃のこともほとんど覚えていないのですけれど。
似たようなことを母親から言われたことはものすごく鮮明に覚えています。

上手になったから、お母さんにも見て欲しかった。
でも開口一番がダメ出しだった。
もう二度と見せるもんか!って、やっぱり思いましたよ~。

こういうのを反面教師って言うんですかね?
私も、子供に対して気をつけようと、改めて気を引き締められました!
じぶ |  2008.04.29(火) 10:52 |  URL |  【コメント編集】

じぶさん>こんにちは^^ コメントありがとうございます!

じぶさんにも同じような経験があるんですね。やはり自分が相当ショックを受けた経験って長い間の記憶になりますね。「すごくワクワクしていた気持ち」→「全く予想外に打ちのめされる」 という真逆な事が起きた事に対して、自分自身が恥ずかしいやら、悔しいやら、いろんな感情が渦巻いたのを覚えています。でも、お互いに転んでもタダでは起きんぞ!的な発想で、自分の子育てに生かしちゃいましょう^^

もう一つの思い出もすぐに書きたかったのですが、こういう嫌な思い出を思い出して書くのってものすごく体力がいるんですね;;もう少し気持ちが高揚してきたら、もう一つのお話も書きたいと思います。
ニコ |  2008.04.29(火) 17:18 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.04.30(水) 01:59 |   |  【コメント編集】

1:59分の秘密コメントさん>こんにちは、ありがとうございます。皆さん、やはり同じような経験をされているんですね~。この経験を悪く考えずに、今に生かしていけるように気持ちを切り替えたいと思います^^また是非遊びにきてください、ありがとうございました!
ニコ |  2008.05.01(木) 08:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。