2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2013.04.30 (Tue)

オトね、嫌われてるんだよ~原因の考察

珍しく連続での記事になります。


この記事はオトに対して私が感じていることを書いていますので、全ての発達障害児がこうである、と言っているのではないことをまずはご理解したうえで読んでください。







昨日の記事を書いたあと、落ち込んでいた私は何かしていないと落ち着かなくて悶々としていました。昨日の記事の最後に

>親が気にしているほど、本人は気にしていない様子ではあるのですが…

と書いてから、ずっとそのことについて考えていました。そうなんだよな~。私が落ち込んでいるほど、オトは悩んでいないし、いつもどおり楽しそうなんだよな~。…これにやっぱり違和感を感じるんです。

オトの様子を良い方に捕らえるならば、『子供が悩んだり落ち込んだりしないので、親がそんなに深刻に考える事案ではなく、いずれどうにかなる事だからよい。子供が笑顔で毎日過ごしてくれればそれで良い。』と考える事もできなくはないです。それに、そう考えた方が親も楽ですよね。


でも、なんか引っかかる…。ので、自分なりに調べてみました。





すると、最初にこんな文が目に入ってきました。


1番大きいポイントは、(軽度発達障害をもった子供は)友達はいないにも関わらずそれにたいして「これはマズい!」という認識がない事です。普通の子であれば、寂しい、悲しい、自分は仲間はずれにされている、学校行きたくないとか思うのが普通です。しかし、発達障害の子供は他人に対してどうでもいいという意識と、自分と相手が違う(常識からズレている)事に疑問を覚えていない点です。


この一文はかなり胸にド~~~ンときました。まさにオトはこの状態だと思います。オトの様子を見ていると、「ママは僕におともだちが、おともだちがって言うけど、なんで悲しそうにしているのかな~?よくわかんないな~」という表情をしているんです。要するに、自分がお友達が殆どいない事も、嫌われたりからかわれたりしている事も、基本的に「他人に対して、どうでもいいという意識」が脳に組み込まれているので、その事自体があまり気になっていない様子なんです。だから、どこか能天気。


そりゃ、私が

私「オトはお友達に嫌われて悲しくないの?」

と聞けば

オト「……かなしい。。」

と答えるし、

私「オト、お友達と仲良くして、今よりもいっぱいお友達が欲しいよね」

と聞けば

オト「うん!欲しいよ~」

とは答えます。でも、そう答えていたのは「そう答えるのが定型」だからそう返事をするというところがあるのかもしれません。オト自身が悩んでいて心からそう思っているのではない、と感じるのです。


さらに、軽度発達障害をもったお子さんの、他のお友達との関わり方・遊び方について、こんな事が書いてありました。

●オニゴ(おにごっこ)をしようという方向にみんなが向いているのに、一人でサッカーをしたいと言い張る。
しかも自分ひとりが違うことを言い張ってみんなを困らせていることに気づかない。

●みんなで遊んでいても、つまらなくなると黙って帰ってしまう。これも急にいなくなるので大騒ぎになる。

●お友達が家に来ても、楽しく遊べないので結局一人でゲームをしている

●かくれんぼをした時のこと。
その子がなかなか見つからず、名前を呼んでも出て来ないのでみんながその子に何かあったのかもと心配しだして
大人まで出てきて一生懸命名前を呼んでるのに その騒ぎを聞いてもみんなの緊迫感がわからず、その子はいつまでも嬉々として隠れている。



……上の4つは全てオトが今までしてきた事そのままです(大汗)真面目な話、上の4つとほぼ同じ内容は全てアニやオトから聞いたことがある話で、その度に、オトに「本当はどうしたら良かったのか」を話してきました。そのかいあってか?今は少しだけ改善されて、みんながやろうとしている遊びに反対意見を言わずに参加するようになったようです。それに、みんなで遊んでいてつまらなくなったら、必ず一緒に遊んでいるお友達に「僕、家に帰るね」と伝えてからその場を離れるようにはなりました。(←本当は、つまらないと思っても最後まで一緒に遊ぶのが一番よいのですが…それでも、進歩した方なんです;;)

しかし、やはり改めて調べてみると、オトのコニュニケーション力=THE発達障害児、という事がよくわかり軽い衝撃をうける私(苦笑)


ちなみに、オトに


私「みんながオニゴしたいって言って、オニゴやろうとしているときに、オトだけ別の事をしたいって言ったらみんなどう思うかわかるかな?」

これを聞いた理由は、オトの答えが「みんな嫌な気持ちになると思う」という回答がくると予想して、「だったら、こうするといいよ」と話を続けようと思っていたんです。。


と聞いたときに


オト「……(かなりなが~~~~い沈黙)どうかな~、う~ん。。わからないな~」


と、かなり悩んでおりました(爆)…まあ、それがわかったら、自分がやりたいことを言い張らないよね。でも、根底はここにあると思います。他人がどう感じるかを読み取る能力が著しく低い・読み取る意味を重要と感じていない ということだと思います。







それから、調べていくとこんな文章を見つけました。それは貴重な「発達障害児本人」が書いた投稿でした。要約をすると

自分は発達障害(アスペルガー)と診断されています。自分は高校2年生まで「自分に友達がいない」という事に気が付きませんでした。しかし、人の気持ちについて考えさせられるきっかけが何回かあり、ようやく最近では人に冗談を言いながら話せるようになりました。それまでは、友達がいなくても、一人でいてもなにも気にならなかったです。

というような事が書かれていました。私は特に


>「自分に友達がいない」という事に気が付きませんでした 


という一文が心に焼きつきました。



本当はオトは自分に友達があまりいない、という事に「気が付いていない」のかもしれないって思ったんです。でも、私や旦那やアニから「オトは友達がいないから~」「自分の友達を作らないと~」とよく言われるので、気が付いている事にさせられていた、のかもしれないです。何度も同じ事を言っちゃいますが、要するに「友達がいてもいなくても、オト自身は気になっていない」のが、本当の現状だといろいろと調べるうちに理解するようになりました。そして、ここが「脳の機能の違い」なのだなと思いました。


私はオトの親なので、オトが今後いじめにあったりする事は阻止したいです。どうにかして守りたいと思っています。だから、これからも「こういう状況のときは、どんな選択をすると良いのか」を何回も、何度でもオトとお話をして、暗記科目を覚えるような感覚でいいのでパターンを覚えてそれに慣れていけるようにしようと思っています。皮肉な事に、オトは「人と関わるのは大好き」で、自分からじゃんじゃん話しかける性格なので、それであるならば、人と上手に付き合うスキルをパターン化して身に着けるのもありだと思います。


オトの「人の気持ちに気がつけるきっかけ」はいつ訪れるのでしょうか……。見守っていきたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



スポンサーサイト
EDIT  |  09:38  |  自閉症のルーツ・原因の考察  |  CM(6)  |  Top↑

2013.04.29 (Mon)

オトね、嫌われてるんだよ

ダンスを始めて、1年半以上経ちました。アニもオトもダンスは徐々に上達しています。


アニはダンス教室ですぐにみんなと仲良くなり、「あ~もう、喉がいて~~笑笑」というくらい笑いまくって友達とお話をしているくらいにとても楽しそうです。そのアニにくっついてオトも横から「ぼくね~**>+<+}*‘」という感じで、話に入ろうとしています。子供同士の世界なのであまり親は顔を出さずに、私は遠くからそれを見ています。


このダンス教室は、発表会がやたらに多く、今年に至っては年4回も大きな発表があります。なので、それに向けて土日に特訓があります。この特訓については、昼~夕方にかけて、要するに半日くらいみっちりとお稽古をするので、親は子供を体育館に送り届けてお任せするので、どんな様子かはわかりません。そして、そんなお稽古が毎週続いたある日の事。。




アニ「あのね~~、オトさ、みんなに嫌われてるんだよ~。」



と報告を受けました。あまり深刻そうじゃないアニの口調だったのですが、


私「オトがダンスのみんなに嫌われてるの??誰に?」

と聞くと

アニ「えっとね、Aくんでしょ、BもだしCもかな。オトが一緒に何かしようとすると、みんなであっちこ~って逃げるんだよ~」



あ~、A・B・Cくんはアニの大の仲良し4人組だよね。。やっぱりオトとはうまくいってなかったんだね。。
ちなみに、その時に、アニも一緒にオトをからかっているようです。オトは「も~~~おにいちゃん!!!」とか言いながら、大声で怒鳴ってたり叩こうとしているのは何度かみかけた事があります。


私「オトって、アニ以外の子に叩こうとしたり、大声だしたりするの?」


アニ「あ~、僕以外にはあんまりしないけど、たま~にあるよ。でも、どうしてこんな風にオトがみんなに嫌われるようになったのかは僕にもわかんない」


とのことで。。ダメですね、私もついつい「アニのお友達=オトとも仲良くしてくれている」と思い込んでしまっているところがあるんです。でも、本来はアニはアニ。オトはオトの友達がいて、それぞれでお友達関係を築いていかなければいけないんですよね。確かにA・B・Cくんはアニの大の仲良しだけど、だからオトとも仲良くしてやってくれとは言えないことなんですよね。いやいや、最初は仲良くしてくれていましたが、そのうちにオトの言動・しぐさ・かもしだす雰囲気が徐々にA・B・Cくんの中で「??」になっていって、なんだか嫌だな~という存在になってしまったのでしょう。



こうなることを恐れていたのですが、やっぱり実際にそうなった事実を告げられると凹みます。。親からみても、オトはダンス教室にお友達と呼べる子は一人もいません。(いつもアニにくっついているだけです)アニにくっついて笑っているオトの様子を見ていた私は、大丈夫なんだと勝手に解釈していましたが、どうやらそうではなかったようです。


私「オト、A・B・Cくんに嫌われてるの?自分でそう思う?」

オト「……うん。思う。」

私「オトは嫌われてるなって気付いてどう思うの?」

オト「…いやだな~って思う」

私「じゃあ、どうすればいいだろう。一緒に考えてみようか」


ということで、昨日ゆっくりと二人でお話をしました。そして、


①お友達のお話を最後まで聞く。そして、そのお友達のお話の内容と関係しているお話をする。突然、自分が話したい事を話さない。

②大声で怒らない。怒ってよいときは、相手に先に殴られたときだけ。

③自分がやりたいことを優先させない。相手の希望を聞いてまずは相手が希望する事を一緒にする。

④アニに頼りすぎない。自分のお友達を自分で見つけるようにする。


というような事をアドバイスしました。オトの場合、中途半端なアドバイスは混乱するので、多少極端な内容になってしまっているかもしれませんが、それでも何割理解してくれただろう、と不安なところです。今はまだふざけあっているようにも見える状態ですが、いつそれがエスカレートして本当のいじめの対象になるかは正直遠い話ではないような気がするんです。ちょっと楽観視しすぎていたかもしれません。


オトには可哀想ですが、オト自身がみんなに嫌われている事に気が付いて、落ち込む感情を持ったときに、はじめてオト自身のコミュニケーション力に変化が出てくるんじゃないかと思っています。なのでこれを乗り越えて欲しい。いっぱい悩んで落ち込んで、変化を見せて欲しい。よっぽど酷くなったら、その時は家族で守ってあげるからね。

ただ、オトはどこか能天気で、強がっている風でもなく

オト「ダンス、すっごい楽しいんだよ~」

と言っています。実際、教室でも楽しそうにダンスを踊っています。ただ、お友達の話しになると「それは、ちょっといやなんだけど。。」とトーンダウンします。親が気にしているほど、本人は気にしていない様子ではあるのですが…しばらく様子をみてみます。。たぶん私の方が落ち込んでます(苦笑)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

EDIT  |  12:17  |  オト[小3]  |  CM(4)  |  Top↑

2013.04.18 (Thu)

アニ4年生、オト3年生になりました

あっという間の春休みが終わり、4月。アニは新4年生・オトは新3年生になりました。


今年もやはり心配なので、オトの担任の先生に、オトの発達についてのお手紙を書きました。なかなか全体の指示にすんなり従えない事・授業中に自分のしたいことをしてしまい、授業に集中できない事がある事。それと、言語の遅れについて(周りのお子さんと比べて1年半~2年くらいの遅れがあること)などを簡単にお手紙にしました。


オトの新しい担任の先生は、かなり若い女の先生だそうです。(←オト談)、お手紙を渡したその日のうちにお電話を下さって、何か気がついた事があったら伝えてくれる事や、オトにちょっとした声かけなどをして生活面でフォローしてくださるという事をお電話でお話してくださいました。電話ではとても感じのよい先生でホッとしています(*゚ー゚)



さて、最近のオトですが、気になることがやはりあります。

お友達と遊んでいて、自分がやりたくない事になると、何も言わずに他の場所に行ってしまったり、鬼ごっこなどをしていて、鬼になるとルールを無視して泣き始める&怒り出すようです。。(困ったもんです。。)特に、アニと一緒に遊んでいるときはそれがエスカレートするようで、他のお友達に感情をぶつけられない分、全てをアニに向かって発散ヾ(*`Д´*)ノ" かなきり声を出して、アニに暴言を言いますし、しまいにはポカポカ叩いたりしてしまうようです。…まあ、アニもオトをからかったりするのでよくない所もあるのですが、でも、オトは「感情が抑えられません!!!」って言うのがありありとわかって、コントロールができずにすごい大声を出して怒り始めるので、周りの人が振り向くほどです。ん~~~、どうすればいいんでしょうね(ノ_-。)
子供同士の世界なので、親があれこれ口を出すのはどうかと思うので、その場を私が見かけた時は「大きな声でみんなびっくりしているよ」くらいしか言えないのですが、私が見ていない場面のほうが多いはずなので、あまりこういう事が続くとオトが孤立していってしまうのではないかと心配しています。


私「オト。大きな声で怒りたくなったら、一度深呼吸をフ~ってして落ち着こうね。あと、鬼ごっこのルールが守れなくて、やっていても楽しくないんだったら最初から参加しない事。他の子も途中でオトが怒り出したり、止めたりしたら嫌な気持ちになるからね。」


と最近家でオトに言い聞かせています。オトは分かっているのか分からないのか「うん」と、小さく頷くだけです。やはり、感情のコントロールが上手に出来ないのと、相手の気持ちを読み取るスキルは低いな、と親から見ていて痛烈に感じます。


それでも、3年生になり周りのお子さんとはなにもトラブルなく過ごしています。(て、まだ始まったばっかりですが^^;)やっぱり、アニに甘えている部分もあるんでしょうね。(アニならどれだけ怒っても許してくれる、というような甘え)



アニは、相変わらず楽しそうに学校生活を過ごしています。お友達と約束して殆どの日遊びに出かけます。たまにうちにお友達を連れているのですが、アニとお友達同士の会話を聞いているとかなり大人っぽい事を言っているので、びっくりします。やっぱりオトは相当精神年齢が低いんだな、と思わざるを得ないです。アニがいることによって、本来の発達はどんなものなのかを目の当たりに出来るので、親としてはいい機会でもあるのですが、不安も募りますね(苦笑)


アニもオトも、ダンスも勉強も頑張って続けています。バック転は、アニはもう少しで先生の補助なしで飛ぶ練習に入ります。オトは少し手首を痛めてしまったため、しばしお休みしていますが次回からは復活。まだふらつきが大きいので、アニの方が早くにマスターしそうな予感です。

勉強はアニの公文は国語が一通りの目標まで達したので(中学1年生レベルのG課程に入りました)、一旦休止しました。代わりに、国語と算数を両方見てくれる大手の塾に切り替えました。公文は英語だけ続けています。(こちらもG課程やっています)。

オトは国語が小5レベルEⅡ課程で、英語がF課程を勉強しています。特に国語は丁寧に学習しています。



二人とも、新しい学年になって気持ちも新たに頑張っています。特にオトはお友達と上手に会話が出来るようになって、仲良しさんが増える事が目標です。がんばれ~~~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ


EDIT  |  14:45  |  アニとオトの日常  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。