2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.09.25 (Sun)

アニの弱視治療、終了!

カテゴリは作ってあったのですが、なかなか記事がアップできなくてすみません(;^_^



アニのその後の弱視治療についてです。



弱視の治療は



・家でアイパッチ(眼帯みたいなものです)をして過ごす


・毎日メガネをかける



と、たったこの二つだけをやって参りました。(しかしアイパッチは忘れることも多かった;;)アニの場合、右目が治療を受けている悪い方の眼で、左目は正常なので、よい方の左眼をアイパッチで隠して、見えないほうの右目を沢山使わせる事が大事なことだったのです。



それからアニ、弱視治療中は3ヶ月に一度のペースで眼科に通っておりました。
眼科にいくといっても、視力の上がり下がりを測ったり、立体視(要は特殊なメガネをかけて3Dで絵が見えるかとかを検査するんです)の検査などをするだけなんですけどね~。でも、視力はとっても重要。家では正確にはかれないですから。


8歳を過ぎたアニ。視力ももう大きな変化は起こらない年齢になりました。さて、アニの弱視治療の結果はどのようになったのでしょうか。ちなみに治療していたのは「右目」です。





【結果】

右目 裸眼視力 0.7(治療当初 0.1)

左目 裸眼視力 2.0



という結果になりました。先生も



眼科の先生「まあ、0.7裸眼で出ていれば、一応の成果はありましたね。もう8歳なので今後大きな視力の変化はないので、今回で定期検査は終了でいいとおもいます。」





ヾ(*´∀`*)ノ イエイ♪



そんなこんなで、6歳4ヶ月から続けてきた弱視治療、まずは終了です。目標は右目が1.0見えるようになることだったのですが、まあ0.7見えていれば御の字かな~、と思います。しかし、それでもやはり左目との視力差はかなり激しいので、メガネは今後もしっかりとかけていこうと思っています。本人もメガネが気に入っている様子だしね(笑)



就学前検診で、弱視になりかけていることに気がつけて本当に良かったと思う今日この頃です…


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
スポンサーサイト
EDIT  |  11:38  |  弱視治療  |  CM(0)  |  Top↑

2009.12.18 (Fri)

よい兆しが見えています

先日、アニの弱視治療の定期健診に行ってきました。

前回の検診から一ヶ月が経っています。前回の記事では、大幅に矯正視力が回復していて驚いたのですが、今回はどうなっているかとドキドキでした。


一通り、検査が終わり、先生に結果をお聞きしました。


先生「矯正視力は、一ヶ月前と変わらずで、0.5ほど見えています。ただ、立体視が前の検査よりも良く見えるようになっていますので、よい傾向ですね。これから、さらに矯正視力も良くなっていくと思いますよ。」

と説明を受けました。


「立体視」とは、わかりやすく言うと、映画館とかで映画によっては(子供向けの映画なんかで多いですが)3Dで上映している映画がありますよね。「赤と緑のメガネ」(←今時は色付いてないかもしれないけど)をかけて映画をみると、映像が自分の方に浮き上がって見えるようになる、あれのことです。

要するに、右目と左目を両方使わないと立体に見えないので、ちゃんと見えない方の右目も使われてきているっていう証拠なんだと思います。


毎日の積み重ねで、目指せ、矯正視力1.0でっす(≧▼≦)ノ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←もうすっかり「メガネ生活」に慣れたアニであります。
EDIT  |  08:30  |  弱視治療  |  CM(3)  |  Top↑

2009.11.16 (Mon)

2週間で

アニの弱視治療が始まって、約2週間が経ちました。

始めはまず、2週間で矯正視力の検査を行うとのことで、本日第1回目の治療の進捗を教えてもらう為に、検査してもらいました。







で、







ナント、



矯正視力が、2週間前は0.1~0.2だったのが



今回測ったところ、0.5~0.6に急激に矯正視力がアップしていました(≧▼≦)ノ





これは、すごい!!超嬉しいです。




家にいるときは、お風呂にはいるまで、ずっとアイパッチをして過ごしている成果だと思います。


そして。。アイパッチをしている間は、適度に目を休ませながら、いろいろなゲームをしています。アイパッチをしなければ、ゲームをさせないというお約束があるので、家にいるときは、自ら進んでアイパッチをしています。

気をつけていることは、テレビからの距離。これはきつく守らせています。
そして、一時間に一度、休憩を取り、目をつぶらせています。


ゲームをしていない時間は、お勉強の時間やお絵かきの時間、塗り絵なんかもさせたりしています。とにかくかなりしっかりとアイパッチ生活しています。



先生が言われるには、この調子で続けていく間に、矯正視力が上がったり下がったりしながら、徐々に回復に向かうとのことです。これは、小学校にあがるまでに矯正視力1.0も夢ではないかもと、かな~~り期待しつつ、弱視治療を頑張っていこうと思います^^


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←あまりの嬉しさに、猛スピードで記事を書きました
EDIT  |  16:52  |  弱視治療  |  CM(2)  |  Top↑

2009.11.06 (Fri)

楽しく学んでいます

アニの右目治療の為、アイパッチをしている間の時間に「テレビゲーム」をする事がお勧めとあり、先日の日曜日、ゲーム機の「Wii」を購入しました。ゲームをしながら、目を動かす+指を使う のがとても良いそうです。


眼科の先生とのお話の中で、アニの場合はもう6歳という年齢から、出来る限り長い時間のアイパッチが効果的とアドバイスされました。でも、さすがに幼稚園に行っている間もアイパッチは辛そうなので、お家にいる時間だけしっかりとアイパッチをすることにしています。


それに、あんまり左目をアイパッチで隠して使わないでいると、左目の裸眼視力も落ちる可能性があるんじゃないかって、調べていて思ったんですよね~。何事も、「過ぎたるは及ばざるが如し」という事で。。






で、我が家にWiiがやってきたわけであります。買ったソフトは、幼稚園で流行っているというマリオ関係の「マリオパーティー8」と、中古で1000円で見つけた「やわらかあたま塾」の2本です。


マリオパーティーは、子供向けのミニゲームが沢山あって、やはりキャラクターが魅力的。アニも楽しくゲームしています。(オトは、マリオパーティーについては見る専門です。楽しそうにアニのプレイを見ていますw)


そして、「やわらかあたま塾」は、簡単にいえば次々と出題される知能テストをテンポよく答えていき、自分の脳みそレベルを上げていくというようなソフトです。(詳しくはこちら

これが、答えをコントローラーで選んでAボタンを押すだけの、超簡単操作。なので、オトにも操作可能な事に気がついて、家族で楽しんでいます。


この「やわらかあたま塾」、確かに簡単な問題ばかりなのですが、やってみるとなぜか面白くてはまってしまいます。脳みそのレベルは、「9級~9段」まであり、その上に「名人」「柔王」とあるそうです。(「柔王」の人って見てみたい…)


もともとはアニの弱視防止治療の為に買ったWiiですが、家族で楽しくゲームするという別の楽しみを見つけてしまいました(苦笑)


ちなみに、今現在の成績は、旦那4段 ニコ5段 アニ2級 オト5級 です。



結構頭の体操になるし、特に幼児~小学校のお子さんだと、楽しみながら知育にもなるので、オススメです


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←アニ・オト二人とも「推測写真」が大好きです。
EDIT  |  08:57  |  弱視治療  |  CM(4)  |  Top↑

2009.10.26 (Mon)

弱視でした

タイトルにも書きましたが、精密検査の結果、アニは先天性の遠視による弱視と診断されました。


正式な病名は「遠視性不同視弱視」というそうです。遠視のレベルは中度。結構きつい遠視だったそうです。


これだけきつい遠視だと、右目はほとんどぼやけて見えてなかったはず。今まで気がついてあげられなかった事を親として本当に申し訳なく思います。



左目は裸眼で1.2。すごく良いです。なので、今まで、左目でほとんど視力をカバーしていた為に、右目がほとんど機能せずに、発達が止まってしまっていたようです。



弱視についての詳しいお話はこちら→(弱視について





早速医師の処方箋を持って、メガネを作りにいきました。出来上がるのは一週間後になります。矯正視力が上がるように、これから少なくとも2年間はメガネ&アイパッチの生活になります。



アイパッチって何かというと、アニのように片方の目がよく見えている場合、その良く見えているほうの目に眼帯をして、見えないほうの目を沢山働くようにしてあげる為のものなんです。今まで、左目に頼ってばかりいた右目を酷使してあげることによって、「見る力」を思い出させてあげる訓練です。



弱視の矯正については、できるだけ低年齢からが良いとの事で、6歳は時期としては結構遅くからのスタートになります。(ベストの時期は3歳頃から始めて6歳頃治療を終える、という形らしいです)なので、どれだけアニの右目が回復するのか不安ではあります。でも、一日でも早く治療をスタートして、今までの分を取り返すつもりで親子で頑張りたいと思います。


ポジティブに考えると、6歳という時期は必ずしも悪くはなかったのかもしれません。なぜなら、3歳頃のアニにはメガネ&アイパッチの生活は無理だったと思います。かなり聞き分けがなく、感覚も過敏で、メガネをどうしてかけなければいけないのかも理解出来ないので、拒絶していたと思います。恐らく。

でも、6歳のアニには「なぜメガネをかけなければいけないのか」「なぜ片目にシールを貼って過ごすことになるのか」をお話したら、ちゃんと納得してくれました。そして「ちゃんとメガネする。アイパッチも頑張る」と言ってくれました。この理解が、治療の一番の薬だと思います。逆に、「早くメガネこないかな~。メガネかけたいな~」とメガネに前向きな発言もしてくれているので、親としてはほっと一安心しています。


そうそう、オトにもお兄ちゃんがメガネをかけることを伝えてみました。遊びでかけているわけではないから、お兄ちゃんのメガネを無意味に触ったり、つかんだり、取ったりしてはいけないよ、と伝えました。「はぁ~~~い」と返事が返ってきましたが、ちゃんとお約束が守れるかどうかは、メガネがきてからのお楽しみということで…







そんな事で、旦那にも今後のことを伝えました。現実主義な旦那は、事態を把握した上で、アニの目の治療に積極的な意識を持ってくれました。どうしてこうなってしまたんだとか、クヨクヨ責めないところは、旦那の長所です。オトの障害がわかった時も、この性格に救われたんだよな~とか、そんな事を思い出す私(苦笑)


ただ、旦那がポツリと一言




「五体満足って難しいんだな~…」




つくづく、そう思います…






でも、何があってもアニとオトの可愛さは変わりません。あんまり落ち込んでいてもいい事ないので、今後の目標をかかげてそれに向かって突き進みます。


【アニ】 弱視の矯正を頑張る。目標は8歳までに矯正視力1.0になる事。

【オト】 人のお話をしっかり聞けるように頑張る。小学校入学まであと1年半弱。安心して普通学級に行ける事が目標。


今後ともよろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←弱視の治療の記事も、今後書いていこうと思います。
EDIT  |  09:07  |  弱視治療  |  CM(7)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。